「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

2021.08.02~【緊急事態宣言発出中】
万博公園・EXPOCITYの営業について

旧駅ビルの解体がほぼ終了!阪急南茨木駅の駅ビル建て替え工事を見てきた!

2021/04/11
【茨木市】の気になる情報 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

今回は阪急南茨木駅の駅ビル建て替え工事についてご紹介します。





前回の記事
新しい駅ビルの階段が通行可能に!阪急南茨木駅の駅ビル建て替え工事の様子を見てきました!

建て替えが進められている「南茨木阪急ビル」は、1970年の阪急南茨木駅開業時に建設された駅ビルです。

スーパーマーケットやカフェ、クリニックなどが入居していましたが、2018年6月に発生した大阪北部地震で壁に亀裂が入るなど大きく損傷。

2019年6月、ビルを管理する阪急電鉄が建て替えを発表し、同年から駅ビルの解体が始まりました。






(2021.04.04撮影)

約4ヶ月ぶりに現地を訪れてみると、旧駅ビルの解体工事はほぼ終わっていました。








(2021.04.04撮影)

駅ビルの解体工事を見つめる「サンチャイルド」。

※サンチャイルド像は茨木市出身の現代美術作家'ヤノベケンジ氏'の作品です。




駅ビルは第1期(東側)と第2期(西側)に分けて建て替えが進められており、先行して第一期部分が2020年10月に供用を開始しています。




(2021.04.04撮影)

先行して供用を開始した新しい駅ビルの第1期部分。2020年10月にエレベーター、12月に階段の供用を開始しています。



そして先日、読者の方から気になる情報が寄せられました!

新しい駅ビルの完成イメージ図がこちらのホームページに掲載されています」との内容。

これまで新しい駅ビルの詳細は公表されていなかったので、初めて完成イメージ図を見ることができました。(引用は難しそうなので、気になる方はホームページをご覧ください。)

テナントは1階に「コンビニと調剤薬局」、2階に「クリニック」、3階に「ミニスーパー」を予定していることが明らかになりました。(今後変更になる可能性あり)

なお、新しい駅ビルの完成は2022年10月頃を予定しているようです。

当ブログでは、今後も定期的に現地の様子をお伝えしていこうと思います。以上、阪急南茨木駅の駅ビル建て替え工事の様子でした!


 
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.