FC2ブログ

万博記念公園に誕生!世界最大のアスレチックタワー「万博ビースト」を徹底解説!料金は?予約方法は?


どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。Enjoy EXPO~エキスポシティの管理人アイスマンです。

このブログの読者さんなら一度は行かれたことがあろう'万博記念公園'。1970年に開催された大阪万博の会場跡地で、現在は自然豊かな都市公園となっており、シンボル「太陽の塔」でお馴染みです。

そんな万博記念公園内に、2020年3月15日「世界最大のアスレチックタワーが誕生した」のをご存知でしょうか。


今回はその'世界最大のアスレチックタワー‘とは一体どういったものなのか。施設の体験方法や利用料金、営業時間、予約方法などを徹底解説していきます。


万博記念公園内に‘世界最大‘のアスレチックタワーが誕生!


大阪府吹田市の万博記念公園内に誕生した‘世界最大‘のアスレチックタワー施設。その名も「万博BEAST(ビースト)」。

「万博BEAST」は、ドイツ発のアトラクション開発会社「KRISTALLTURM社」の独自技術、六角形の足場を活かしたアスレチック施設。海外ではヨーロッパやアメリカなど、世界9ヵ国で展開。国内では神奈川県相模原市の「さがみ湖リゾート」や滋賀県蒲生郡の「ブルーメの丘」で同様の施設を運営しており、万博記念公園の施設は国内3か所目となります。




その巨大アスレチック施設がこちら!



同社が手掛ける施設としては世界最大級となるようです。


4階層のアスレチックエリアと屋上展望台から成るタワーは、ビルの8階ほどの高さに相当する約24mもあります。






fc2blog_20191230020136d9d.jpg
出典:https://www.sagamiko-resort.jp/index.html

こちらは神奈川県相模原市の「さがみ湖リゾート」に設置された同社のアスレチック施設の様子。


もう見ているだけで楽しそうですよね。

「万博BEAST」で体験できるアトラクション総数は120種類

神奈川県さがみ湖リゾートの施設が92種類、滋賀県ブルーメの丘が72種類となっており、3施設の中では1番の設置数になります。




万博BEASTを下から見た様子。クライミングのようなものが見えます。






タイヤのようなものも見えますね



youtubeの人気チャンネル「ボンボンTV」で、「万博BEAST」の体験動画が公開されました!実際に体験する前に、ぜひ視聴しておきましょう。










アスレチック施設の特徴





→ 最高部はビル8階に相当する高さ
→ 体験できるアトラクション数は国内最大規模(120種類)
→ 一度に大人数が同時に遊べる(100人程度)
→ 小学生から大人まで幅広い層が楽しめる
小学生未満は利用不可
→ 展望台(天空回廊)のみも利用可能
→ 利用者は一人一人、安全装置のワイヤーを装着するので安全性も万全



このアスレチック施設は決まったコース・ルートがなく、自分の好きなアクティビティを選び、体験することができます。




施設の利用料金・営業時間

利用料金一覧表
種別料金制限時間
大人(中学生以上)3,500円60分
子ども(小学生以下)3,000円60分
空中回廊(展望台)500

大人(中学生以上)は一人3,500円、子ども(小学生以下)は一人3,000円となります。制限時間は60分で、完全入れ替え制となっています。展望台(空中回廊)のみの利用は、一人500円(4歳以上)となっています。(3歳以下は利用不可)

なお、別途万博記念公園への入園料(大人260円、小中学生80円)が必要となります。


営業時間
10:00~16:30(受付9:30~15:10)


※営業時間は16:30までとなりますが、受付は「15:10」が最終となります。
※毎週水曜日はお休み(水曜日が祝日の場合は翌日)
※水曜日が開園している期間(4月~5月のGW期間・10月~11月)は営業している場合もあります。詳しくは公式HPをご覧ください。






施設の体験方法・予約方法について


小学生未満のお子さまは利用できません。(展望台は4歳以上なら利用可能)

また小学生・身長140cm未満の方が利用する場合でも、必ず18歳以上の付き添いが必要となります。(付き添いの方も料金が必要)

中学生や高校生などの18歳未満の方が利用する場合も、親の同意書が必要となります。

その他、施設を利用する上での注意点などは、実際に体験した様子を写真付きで詳しくご紹介しています。施設をご利用前に参考になさってください。


■万博記念公園内に誕生した‘世界最大のアスレチックタワー「万博ビースト」。体験方法を詳しくご紹介します。



施設を利用するには、直接現地で料金を支払ったうえで整理券をもらう必要があります。整理券は予定数に達し次第、配布は終了となります。土日祝日や、春休み・GW・夏休みなどは混雑が予想されるため、利用される方は早めに現地に行きましょう。

なお、インターネットや電話での事前予約はできません。




アスレチックの場所・駐車場について

この新しいアスレチック施設は、万博記念公園内にあるもみじ川芝生広場の一角に誕生しました。


fc2blog_2020022622103659a.jpg
出典:https://www.se-amuse.jp/bampakubeast/

大阪モノレール万博記念公園駅からのアクセスルート。駅からは徒歩で10~15分ほどの場所にあります。



fc2blog_20200226221049a2d.jpg
出典:https://www.se-amuse.jp/bampakubeast/

各駐車場からのアクセスルート。「万博BEAST」の利用には、中央駐車場・西駐車場・日本庭園前駐車場が便利です。



■万博記念公園概要



所在地*:大阪府吹田市千里万博公園1-1
交通**:大阪モノレール万博記念公園駅・公園東口駅 徒歩3分
営業時間:9:30~17:00
定休日*:毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日木曜日)
入園料*:大人260円 小中学生80円


関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

アイスマン

アイスマン
大阪府吹田市にある万博記念公園や大型複合施設エキスポシティの最新情報を中心に、大阪モノレール沿線から北摂エリアの新しいお店情報など、管理人が気になった情報を主にご紹介しています。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー