FC2ブログ

完成度高すぎ!エキスポシティで「大阪インフィオラータ2019」が開催されました

スポンサードリンク

どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。Enjoy EXPO~エキスポシティの管理人アイスマンです。

今回は12月1日(日)に、ららぽーとEXPOCITYにて開催された「大阪インフィオラータ2019」についてご紹介します。






インフィオラータとは?

インフィオラータとは、イタリアで「花をまく」という意味の400年以上続くイベントになります。市民が教会までの道のりを花や種子等で宗教画を描くもので、イタリアやスペインを中心に世界各国で現在も盛大に行われています。

花の短い命の中で成り立つアートは、「エフェメラル・アート(儚い命のアート)」とも呼ばれ、毎年その瞬間の美しさを求め、会場には多くの観光客が訪れます。

インフィオラータ最大の魅力は、作品をアーティストひとりではなく、市民が協力して作り上げるその過程にあります。大きな花絵は1人の力では完成させることが難しく、何人かでチームを組み、花びらをカットするところから実際に製作し完成するまで約5時間ほどかかります。




大阪・エキスポシティで初開催!

そんな市民が協力して作り上げるアート作品「インフィオラータ」が、大阪・エキスポシティで初めて開催されました。

当日は誰でも無料で参加可能ということで、多くの人が協力してひとつの作品を作りあげました。





そして完成した作品がこちら




EXPOCITYのロゴマークを中心に、ガンバ大阪のマスコットキャラクター「ガンバボーイ」。万博記念公園のシンボル「太陽の塔」が描かれました。

作品は一部を除いて、全て花びらで製作されています。




中心に描かれたEXPOCITYのロゴマーク。クリスマス時期ということで、ロゴマークの上部にはベル🔔などが描かれていますね。






こちらガンバ大阪のマスコットキャラクター「ガンバボーイ」。青色の花びらを使って見事に仕上げられています。ちゃんとユニフォームには「Panasonic」の文字もありますね。

またガンバボーイの周囲には、万博公園の桜をイメージした花びらで彩られています。






最後は万博公園のシンボル「太陽の塔」。こちらも見事に再現されています。太陽の塔の周囲には雪や万博公園の紅葉と思われる風景が描かれています。



この作品ですが12月25日(水)のクリスマスまで、ららぽーとEXPOCITY1階の「アーバンリサーチドアーズ」前で展示されています。


是非皆さんもエキスポシティに足を運んだ際は、直接ご覧なってみてください。

スポンサードリンク

最後までご覧頂き、ありがとうございました。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

人気記事ランキング

カテゴリ

関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

アイスマン

Author:アイスマン
大阪・吹田の大型複合施設エキスポシティが大好きな管理人アイスマンです。自宅もエキスポシティの近所にあります。ただいま気象予報士の資格取得を目指して猛勉強中。

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR