FC2ブログ

2020年夏公開決定!太陽の塔の「初代黄金の顔」が常設展示されますよー

スポンサードリンク

太陽の塔といえば、故岡本太郎氏がデザインし建設された"EXPO'70(大阪万博)"のシンボル。現在はその大阪万博会場の跡地に整備された"万博記念公園"のシンボルとして、大阪を代表する建造物になっています。


そんな太陽の塔は1970年に開催された大阪万博のテーマ館として建設され、来年で完成から50周年という節目を迎えます。





前回の記事
■ 実は太陽の塔は「あるもの」を見つめていた!?その瞳の先にある今は亡きあるものとは…





太陽の塔には4つの顔があった!

そんなお馴染みの太陽の塔ですが、実は'4つの顔'があるのをご存知ですか?


まずは塔の頂部にある「黄金の顔」。



金色に輝く黄金のマスクは、未来を象徴しているそうです。未来は明るいよー!お金持ちになるよー!って太郎さんは言いたかったのかな。(んなわけない)



次は塔の中央にある「太陽の顔」。



塔の中央正面にある太陽の顔は'現在'を象徴しているそうです。皆さんはどういった表情に見えますか?自分にはちょっと拗ねたような顔に見えますが…



そして塔の裏にある「黒い太陽」。



塔背部にある黒い太陽は'過去'を象徴しているそうです。過去は暗く辛いけど、未来は明るいでっせー!っていう太郎さんのメッセージでしょうか。(んな単純なわけない)



これら3つの顔を持つ「太陽の塔」は、過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴であると同時に、生命の中心、祭りの中心を示したものだったそうです。




ちょっと待った!
始めに4つの顔って言っていたのにあと1つは?と思いませんでしたか。



最後のひとつは「地底の太陽」。


 

地底の太陽は大阪万博当時、テーマ館の地下に展示されていました。高さ約3メートル、全長約11メートルにもなる巨大な展示物であったとされていましたが、大阪万博終了後の撤去作業から50年近く経った現在も行方がわからない状態となっています。


そうなんです。実は現在も行方不明状態が続いており、今は忠実に再現したレプリカが塔内部に展示されています。

知っている人は早く返してあげてーーー!




黄金の顔は実は2代目!?

最初にご紹介した太陽の塔頂部にある「黄金の顔」。金色に輝く未来を象徴した顔ですが、実は現在は2代目の顔なんです。

 



初代の顔は雨風に晒され損傷が激しかったため、1992年度の大改修時に現在の2代目に取り替えられました。初代の顔は直径10.6メートル。厚さ0.8ミリの鋼板337枚を組み合わせ、表面には金色の特殊フィルムが貼られていたそうです。


なお、現在の2代目黄金の顔はステンレス製で痛みにくい素材なんですって。



そんな黄金の顔の初代ですが、実は万博公園内にある収蔵庫に分解して保管されていました。2018年に復元作業が完了し、全国各地の美術館などで一般公開され話題を集めました。


そして、大阪万博から50周年を迎える来年夏、万博公園内に新施設「ANNEX2020 EXPO'70」という建物を建設し、そこで初代黄金の顔を常設展示する予定となっています。



どの場所に新施設を建設するのか、どのような展示内容なのか。まだ詳しい情報は明らかなっていませんが、新しい万博公園の観光スポットになることは間違いないですね。


また新しい情報が入り次第、改めてご紹介したいと思います。 

スポンサードリンク

最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

人気記事ランキング

カテゴリ

関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

アイスマン

Author:アイスマン
大阪・吹田の大型複合施設エキスポシティが大好きな管理人アイスマンです。自宅もエキスポシティの近所にあります。ただいま気象予報士の資格取得を目指して猛勉強中。

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR