FC2ブログ

JR千里丘駅の西口が凄いことに!大規模な再開発が具体化!

スポンサードリンク

皆さんはJR千里丘駅をご存知でしょうか。

JR千里丘駅は大阪府摂津市千里丘一丁目にあるJR京都線の駅で、エキスポシティと同駅の間には無料シャトルバスも発着しており、エキスポシティのアクセスにおいて重要な駅のひとつでもあります。

当駅は、いわゆる各駅停車の「普通」しか停車しない、それほど大きな駅ではないのですが、駅周辺では再開発計画が長年模索されてきました。

そんなJR千里丘駅西口の再開発が大きく動き出すことが明らかになり、先日になって再開発イメージ図が摂津市のHPに公開されました。







それがこちら!!


IMG_7823-min (1)
出典 https://www.city.settsu.osaka.jp/material/files/group/60/setsumeikai_haifu_shiryou.pdf

うひゃー!

ここどこ?って思うぐらいの変わりようですよね(;^_^


ということで

今回はJR千里丘駅西口の再開発について、わかりやすくご紹介していきたいと思います。









JR千里丘駅について

大阪府摂津市千里丘一丁目にあるJR京都線の駅。

駅の東側には並走するように阪急京都線が走っており、当駅からほど近い位置に「摂津市駅」が2010年に開業。

開業直後は当駅の利用者が一時的に減少したものの、近年は駅の西側に大規模なマンション(ミリカシティなど)が複数建設され、利用者は年々増加傾向にあります

現在は1日あたり約21,000人の利用者があります。








JR千里丘駅の西口再開発とは

正式には「千里丘駅西地区市街地再開発事業」といいます。

摂津市が主体となって進めている再開発事業で、千里丘駅西口に広がる摂津市域1.5ヘクタールを一体的に再開発する計画です。

現在は雑居ビルや木造住宅などが建ち並んでいる場所を一体的に再開発し、駅前交通広場や超高層マンション(32階建て)や商業ビルなどを整備します。





といわれて「あ〜!あの場所か!」とピンッときた人はいるでしょうか。私もJR千里丘駅には時々足を運びますが、「一体どこのことを言っているの?」と疑問に思いました。


IMG_E7811-min.jpg

ちなみに現在のJR千里丘駅西口はこんな感じ。

あの完成イメージを見て、想像しろと言われるほうが難しいですよね(;^_^


ということで

今回は地図と現地の写真などを使って、わかりやすく解説していきたいと思います。







千里丘駅西口の再開発の予定地はここ

今回の再開発の対象地域を上空から見た様子です。

千里丘駅西口再開発地域-min

再開発予定地は赤枠で囲った場所になります。

再開発予定地には、銀行や居酒屋などが入居する雑居ビル、木造住宅など約30棟が建ち並んでいます。

再開発予定地にある主な建物
●関西みらい銀行千里丘駅前支店
●北おおさか信用金庫千里丘支店
●馬渕教室千里丘校


この場所に駅前交通広場やタワーマンション、商業ビルなどを建設します。





千里丘西口再開発の配置図-min

出典 https://www.city.settsu.osaka.jp/material/files/group/60/setsumeikai_haifu_shiryou.pdf

こちらが再開発地域の配置図(予定)です。

32階建てのタワーマンションは、今の「関西みらい銀行」がある辺りに建設されることがわかります。低層階には商業施設も入る予定となっています。

また千里丘駅からは歩行者デッキが整備され、産業道路付近(スーパーのマルヤスの手前)まで地上を歩くことなくアクセスできるようになります。






予定地の建物は全部取り壊すの?

実はこの"千里丘駅西口の再開発"は30年以上前から構想があり、地域の方々が中心となって、1988年に再開発の準備組合を設立しました。

しかし、地権者の意見や合意などがなかなかまとまらず、2017年に組合はついに解散してしまいます。

その後は市が引き継ぐ形で再開発計画を模索。準備組合が作成した街区整備計画案を元に議論を重ね、今回具体案を提示したに至ります。

今後は地域の方々と協力しながら事業を実行していくと思われます。



IMG_E7817-min.jpg

こちらはJR千里丘駅西口を出たすぐの場所。馬渕教室をはじめ、多くの雑居ビルや古い住宅がありますが、この辺りはバスやタクシーなどが乗り入れる「駅前交通広場」となる予定です。




IMG_E7814-min.jpg

周辺は細い路地も多く、地震や火災などの災害が発生した場合の危険も指摘されてきました。





IMG_E7820-min.jpg

こちらは「府道大阪高槻京都線(通称:産業道路)」から見た再開発予定地の様子です。産業道路沿いには、比較的大きな雑居ビルなどがありますが、こちらも再開発予定地となっています。これらの建物も取り壊されるのでしょうか。





完成はいつ頃?

市の計画案では2020年度にも事業協力者を決め、早期の事業計画の決定を行い、2028年度ごろの完成を予定しているとのこと。

まだまだ先のことにはなりますが、再開発が実行されれば、千里丘駅西口の街並みは大きく変わることになりそうです。



関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

人気記事ランキング

カテゴリ

関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

アイスマン

Author:アイスマン
大阪・吹田の大型複合施設エキスポシティが大好きな管理人アイスマンです。自宅もエキスポシティの近所にあります。ただいま気象予報士の資格取得を目指して猛勉強中。

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR