FC2ブログ

大阪モノレールの「柴原駅」が10月1日より「柴原阪大前駅」に駅名が変更されるそうです!

スポンサードリンク

エキスポシティの重要アクセス路線でもある大阪モノレール。モノレールとしては国内最長の路線距離を誇り大阪北部を東西に走り、大阪中心部から放射状に伸びている各路線を繋ぐバイパス路線として大きな役割を担っています。そんな大阪モノレールの駅のひとつでもある「柴原駅」がこの秋から駅名を変更することが発表されましたのでご紹介します。


047-min.jpg



大阪モノレール基本情報
■運営路線
ー本線:大阪空港駅ー門真市駅(21.2キロ)
ー彩都線:万博記念公園駅ー彩都西駅(6.8キロ)

■駅数:全18駅
開通:1990年 南茨木駅ー千里中央駅
** 1994年 柴原駅ー千里中央駅
** 1997年 南茨木駅ー門真市駅
** 1998年 万博記念公園駅ー阪大病院前駅
** 2007年 阪大病院前駅ー彩都西駅

■利用者数 4,799万人(2017年度の年間利用者数)






柴原駅を「柴原阪大前駅」に改称

大阪モノレールを運営する‘大阪高速鉄道‘によると、豊中市にある大阪モノレール本線の「柴原駅」を今年10月1日に「柴原阪大前駅」に駅名を変更することを発表しました。柴原駅は‘阪大‘こと大阪大学豊中キャンパスの正門に近く、同大学の学生をはじめ、多くの方が利用しています。駅名を変更する理由は「今後は大阪大学の玄関口として、国内外から同大学を訪れる多くのお客さまにより分かりやすくするため」だそうです。


柴原阪大前-min
出典 https://www.osaka-monorail.co.jp/monorailwp/wp-content/uploads/2019/06/20190621_pressrelease_1.pdf





周辺では‘阪大‘の名を冠した駅が増加

今回の大阪モノレール「柴原駅」の駅名変更ですが、周辺では‘阪大‘と名を冠した駅が増加傾向にあります。大阪大学豊中キャンパスの西の玄関口でもある阪急の「石橋駅」も今年の秋に「石橋阪大前駅」に変更することがすでに発表されています。また、2023年度に箕面市船場地区に開業予定の新駅(こちらは大阪大学箕面キャンパスが駅前に全面移転予定)も「箕面船場阪大前」となることが決定するなど、周辺では‘阪大‘と冠した駅が増加傾向にあります。これは大阪大学が2021年に創立90年を迎えることから、地域との共創を強化するとともに、阪大ブランドを盛り上げようという機運が高まっているためとのことです。


柴原駅-min
出典 https://www.osaka-monorail.co.jp/monorailwp/wp-content/uploads/2019/06/20190621_pressrelease_1.pdf



大阪モノレールの駅名変更は宇野辺駅以来

大阪モノレールの駅名変更は1997年に「茨木駅」から「宇野辺駅」に変更されたもの以来となります。この時の駅名変更は、茨木駅(現・宇野辺駅)がJR京都線と乗り換えができると勘違いする人が多く、利用者に混乱を招きかねないことから変更された経緯があります。(実際は乗り換えには徒歩15分ほど歩く必要がある)




大阪モノレール プレスリリース
https://www.osaka-monorail.co.jp/monorailwp/wp-content/uploads/2019/06/20190621_pressrelease_1.pdf



関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

人気記事ランキング

カテゴリ

関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

アイスマン

Author:アイスマン
大阪・吹田の大型複合施設エキスポシティが大好きな管理人アイスマンです。自宅もエキスポシティの近所にあります。ただいま気象予報士の資格取得を目指して猛勉強中。

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR