FC2ブログ

実物の11,000倍!実際に入れる超巨大レゴシティがエキスポシティにやってきます!


皆さんご存知のブロック玩具・レゴ。昨年名古屋に国内初となるレゴブロックを使ったテーマパーク「レゴランド」がオープンし、近年はレゴブロックを専門に取り扱うお店「レゴストア」を積極的に出店するなど、今再び大きな注目を集めています。そんな大人気レゴ®️シティシリーズの世界観を実際に体験することができる、その名も「超巨大 入れるレゴシティ」を、全国4カ所で開催されることが発表され、大阪会場として‘ららぽーとEXPOCITY‘が選ばれました!


 
レゴシティ-min

「超巨大 入れるレゴシティ」 とは

「超巨大 入れるレゴシティ」は、通常販売されているレゴ®シティ シリーズの世界観を実際に体験できるよう、そのまま巨大化しました。全長は18m×8m×1.4mで、市販されているレゴ®シティシリーズ(480 x 378 x 94 mm)のパッケージの約11,000倍を超える大きさに匹敵し、日本最大のレゴシティです。この「超巨大 入れるレゴシティ」の街並みを構成しているのは総数200万ピース以上のレゴブロックで、レゴシティの2018年のテーマ「ヒーローはボクだ!」を基に、プロビルダーの三井 淳平さんが制作しました。イベントエリア内は、今回のイベント限定配布のミニキットを組み立てる「くみたてエリア」や自分でつくったマシンを使ってドロボーを捕まえて遊ぶ「スライダーエリア」など、全部で6箇所の遊べるコーナーを展開。まるで自分がレゴシティの世界でヒーローになったかのように楽しんでいただける仕掛けが満載です。



レゴシティは6つのエリアで構成

■ジオラマエリア
市販の11,000倍もの巨大なレゴで製作した巨大なレゴシティを間近で見ることができます。

■シューターエリア
賑やかな炭鉱の様子や、ネットシューターでドロボウを捕まえて遊べます。

■スライダーエリア
自分で組み立てたマシンを走らせて、ドロボウを捕まえて遊べます。

■マウンテンエリア
子どもの身長を超える大きな山に、最新シリーズ「ポリス 山の逮捕劇」の商品が並んだエリア。シリーズの世界観を満喫できます。

■レゴプールエリア
数十万ピースの入ったレゴプールで自由に遊ぶことができます。

■くみたてエリア
イベントで特別に配布される非売品のミニキットを作って遊べるエリア。





開催場所一覧

<第1弾> 東京都 二子玉川ライズ 4月19日(木)~22日(日)
<第2弾> 福岡県 博多駅前広場 7月21日(土)・22日(日)
<第3弾> 宮城県 夢メッセ宮城 8月4日(土)~6日(月)
<第4弾> 大阪府 ららぽーとEXPOCITY 9月29日(土)・30日(日)

※予定のため変更になる場合がございます。

エキスポシティでの開催は全国で最後となる<第4弾>として開催予定となっています。




入場は無料!

イベントは子ども向けにはなりますが、入場料は完全無料になります。親子で一緒にレゴの世界を楽しむことができます。




関連記事


スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー