FC2ブログ

市立吹田サッカースタジアムの新名称が‘パナソニックスタジアム吹田‘に正式決定!


エキスポシティに隣接して立地する、サッカーJ1のガンバ大阪の本拠地‘市立吹田サッカースタジアム‘。エキスポシティと同時期に完成した同スタジアムは‘サッカー専用球技場‘で約4万人を収容することができる最新鋭のスタジアムです。


IMG_5582-min.jpg




新名称は‘パナソニックスタジアム吹田‘に

スタジアムを管轄する大阪府吹田市は今年8月21日から9月28日まで命名権(ネーミングライツパートナー)を公募していました。その結果、ガンバ大阪の親会社で大手電機メーカーのパナソニックだけが応募し落札。そして本日行われた吹田市議会の最終本会議の採択の結果、新名称が‘パナソニックスタジアム吹田‘になることが正式に決定しました。







新名称は来年から5年間使用

今回のネーミングライツによって決定した新名称‘パナソニックスタジアム吹田‘は、来年2018年1月1日から2022年12月31日までの5年間使用されることになります。契約額は年額で2億1600万円。5年間の総額では10億円を超えることになります。かなり高額だなと感じる方もいらっしゃると思いますが、ネーミングライツによって名称が定着すると、企業にとっても大きな宣伝効果などのメリットがあり、費用対効果が非常に高いといわれています。


IMG_5551-min.jpg





略称は‘パナスタ‘になる!?

パナソニックスタジアム吹田という新名称になりましたが、日常的に使うにはやや長い印象がありますよね。ガンバ大阪のサポーターの方はもちろん、サッカー関係者からは‘パナスタ‘の略称で親しまれるようになるのではないでしょうか。かくいう私も来年からは‘パナスタ‘の愛称で呼ばせて頂こうと考えています(笑)

042-min (1)



関連記事


スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー