FC2ブログ

内部の一般公開まであと10ヶ月!太陽の塔の最新状況をご紹介します。


エキスポシティに隣接する万博記念公園のシンボルでもある「太陽の塔」は、1970年アジア初の万国博覧会である、日本万国博覧会(大阪万博)開催の際にテーマ館の一部として建てられました。博覧会閉会後、塔の内部の一階から最上階までは公開されていませんでしたが、今後、耐震工事とあわせて「生命の樹」や「地底の太陽」など内部の展示物を当時の姿に再生し、2018年3月に塔内部の全体を一般公開する予定なっています。


IMG_5108-min.jpg

昨年10月には耐震改修工事に先立って、抽選による一般向けの内部公開を実施。定員500人に対して約8万人の応募が殺到し、大きな話題を集めました。そんな太陽の塔は現在、2018年3月に予定されている内部の一般公開に向け、本格的に耐震改修工事が行われています。








IMG_5112-min.jpg

久しぶりに現地の様子を見てきました。ただ耐震改修工事の真っ最中ということもあり、太陽の塔を取り囲むように白い壁が設置されており、外からは工事がどのぐらい進んでいるのかよくわからない状態となっています。









IMG_5111-min.jpg

さらに耐震改修工事に伴い、太陽の塔の周囲は立ち入りが制限されており、近くで見ることもできない状況が続いています。







ならば裏側からなら見えるのでは?っと思い行ってみると・・・




IMG_5109-min.jpg

残念!太陽の塔の裏側にも囲いは設置されているため、こちらからも内部を伺い知ることはできませんでした。









IMG_5110-min.jpg

太陽の塔を覆う囲いは、約3メートルの高さがあるため、背伸びをしても内部を伺い知ることができません(笑)




これは来年3月の一般公開までお預けか・・・と思っていると、インターネットでこんなページを発見しました!

太陽の塔(工事進捗)
http://www.expo70-park.jp/facility/seimeinoki/


これはありがたい!どうやらここで太陽の塔耐震改修工事の最新状況を知ることができるようです。また工事の進歩状況がよくわかる動画も掲載されていますので、気になる方はぜひご覧ください。




いよいよ来年3月に迫った内部の一般公開。耐震補強しながら復元された内部には、一体どんな生命の神秘が展示されているのでしょうか。今から楽しみですね!




関連記事


スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

アイスマン

アイスマン
大阪府吹田市にある万博記念公園や大型複合施設エキスポシティの最新情報を中心に、大阪モノレール沿線情報、北摂エリアの新しいお店情報などをご紹介しています。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー