FC2ブログ

ららぽーと門真(仮)が2022年度オープンに向け再始動!門真市のパナソニック工場跡地に


どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。万博公園エリアの地域情報発信サイト「Enjoy EXPO」の管理人‘アイスマン‘です。


エキスポシティの中核施設でもある大型商業施設の「ららぽーと」

三井不動産が手掛ける都市型のショッピングモールで、関東を中心に関西、東海などに多数の施設を展開しています。関西には大阪府吹田市の「ららぽーとEXPOCITY」、和泉市の「ららぽーと和泉」、兵庫県西宮市の「ららぽーと甲子園」があります。


そんな人気ショッピングモール「ららぽーと」が、門真市のパナソニック工場に「2022年度にも誕生」するかもしれないというビッグニュースが入ってきましたのでご紹介します。




門真市のパナソニック工場跡地に「(仮)ららぽーと門真」ができる!?

事の発端は、2015年2月18日の日本経済新聞で報じられた「パナソニック、大阪のAV本拠地売却 三井不動産に(有料記事)」。


パナソニック、大阪のAV本拠地売却 三井不動産に
https://r.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HO8_X10C15A2TJ2000?

パナソニックは大阪府門真市の本社にあるAV(音響・映像)機器事業の本拠地を売却することで三井不動産と基本合意した。今春にも正式契約を結ぶ。AV拠点は社内で「本社南門真地区」と呼ばれ、1970年代からカラーテレビなどの主力製品を生み出してきた。敷地面積も約16万平方メートルと大きく、売却額は数百億円規模になる見通し。三井不動産は跡地で大型商業施設「ららぽーと」を18年にも開業する。(無料部分のみ抜粋)


日経新聞によると、パナソニックの工場跡地を三井不動産が取得し、工場を解体したうえで大型商業施設「ららぽーと」を建設するという内容。2018年にも開業すると報じられました。店舗面積は「66,000㎡」で、敷地内には住宅棟も建設するという、かなり具体的な内容でした。



fc2blog_20200414031823795.jpg

計画が持ち上がったのは、門真市松生町にあったパナソニックの「AV機器拠点」。1970年に完成した旧松下電機のAV関連機器の拠点で、長らくカラーテレビやオーディオなどを生産してきた場所です。

AV機器事業の縮小により、パナソニックは事業を再編。この土地を三井不動産に売却すると報じられました。

計画地は近畿自動車道・大阪府道2号中央環状線(中環)に面しており、京阪本線・大阪モノレール「門真市駅」から徒歩7~8分と駅からも比較的アクセスが良い立地です。

順調に計画が進められるかと思われましたが...


その後事態は一変します...


土地の調査を行っていたところ、2015年9月に敷地内の土壌汚染が発覚。その後、両社の交渉が中断するなど、計画は暗礁に乗り上げてしまいます...。


計画は幻になるのでは?とも思われましたが、2017年3月に再び計画が動き出します。


パナソニックが大阪・門真の拠点用地を三井不動産に売却へ 月内合意、再開発「ららぽーと」有力
http://www.sankei.com/west/news/170319/wst1703190014-n2.html

パナソニックが大阪府門真市に置くデジタルAV(音響・映像)機器の研究開発と営業の拠点を移転・閉鎖し、約16ヘクタールの用地を三井不動産へ売却することが18日分かった。今月中に基本合意する見通しで、売却額は200億円前後で交渉中という。三井不動産は再開発して大型商業施設を建設する方針で、「ららぽーと」ブランドが有力だ。

 売却されるのは、パナソニックが「南門真地区」と呼ぶエリア。府道大阪中央環状線に面し、京阪電鉄と大阪モノレールの門真市
駅にも近い。モノレールは平成41年に同駅から近鉄奈良線の新駅(大阪府東大阪市)まで9キロ延伸する計画もある。

「三井アウトレットパーク」と相乗効果」
交通の利便性が高いことから、三井不動産は広域からの集客が可能と判断した。同社は約2・5キロ南に「三井アウトレットパーク大阪鶴見」を展開しており、運営ノウハウの共有や相乗効果も見込める。

 パナソニックは松下電器産業時代の昭和45年から、南門真地区にグループの中核だったテレビやオーディオなどAV機器関連の本部や研究開発部門、工場を置いてきた。現在は、デジタルカメラや放送用機器などを扱う事業部門「AVCネットワークス社」などが拠点とし、約4千人が勤務している。

ただ、パナソニックは平成26年以降、家庭向けのAV機器事業を縮小してきた。今年4月には事業を再編し、AVCネットワークス社は社名を変更してBtoB(企業間取引)に特化、デジカメの開発などは別の部門に移管する。移転先は門真市内や大阪市など複数に及ぶ。

 用地をめぐっては、27年に地下水の汚染が判明し、両社の交渉が棚上げされていた。土地の売却価格は汚染への対応などにより変動する可能性がある。


どうやら当初の予定よりは遅れるものの、計画は着々と進められていた模様。




ららぽーと門真(仮)は「2022年度」に開業予定!?

その後、しばらく音沙汰がなかった「ららぽーと門真(仮)計画」ですが、2018年6月ごろから計画地にある工場の解体が始まりました。

敷地内の解体工事は2020年6月末に終える予定で、当初の計画通り、跡地に大型商業施設を建設するとみられています。


fc2blog_20200414035756564.jpg
出典:https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/ir/presentation/pdf/AnalystMeetingPresentation1905j.pdf



上記の資料は三井不動産は2020年5月に発表した決算資料。同社が計画している大型商業施設の一覧が掲載されていますが、そのなかにある「大阪府門真市松生町計画」がいわゆる「ららぽーと門真(仮)計画」です。

どうやら2022年度に開業を予定しているようです。

つまり現時点では「2022年4月~2023年3月」の間にオープンする可能性が高いということになります。(同時期に大阪府堺市美原区にも、ららぽーとの建設が計画されています)

なお、商業施設名は「ららぽーと」ブランドになるかどうかは未定ですが、当初から報じられているように「ららぽーと」になる可能性が高いと思われます。




周辺は大型施設の激戦区!

ららぽーと門真計画地の周辺は‘大型商業施設(ショッピングモール)‘の激戦区となっています。


fc2blog_2020041404064853c.jpg

計画地を囲むように「イオンモール」が比較的近い距離に3つもあります。



三井不動産は自社が運営する「三井アウトレットパーク大阪鶴見」との相乗効果で、周辺のショッピングモールに対抗するのではとみられています。



店舗名
店舗面積
(仮)ららぽーと門真未定
(当初は約66,000㎡)
三井アウトレットパーク
大阪鶴見
約9,350㎡
イオンモール鶴見緑地約55,000㎡
イオンモール大日約76,000㎡
イオンモール四條畷約75,000㎡


イオンの牙城に攻め込む形となる三井不動産。

敷地内には住宅も建設される可能性もあり、今後も目が離せない計画となっています。また新しい情報が入りましたら追ってご紹介します。


関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(1)
No title
EXPOCITYと同じ三井不動産に売るんですか…。あまりいい予感がしない…。

T.T

2017/03/26 15:52 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー