【注意】サマソニ開催日の万博記念公園は一部施設を除いて貸し切り営業となるようです。

2024年04月27日
万博記念公園


8月17日(土)、18日(日)に大阪・万博記念公園で開催が予定されている国内最大級の野外音楽フェス「SUMMER SONIC 2024」。今年の大阪会場は「舞洲(大阪市)」から「万博記念公園(吹田市)」へ移転し、昨年を上回る10万人規模(2日間合計)での開催を予定しています。



関連記事
▪️【2024年版】万博記念公園で開催予定の野外音楽ライブ情報をまとめました!

サマソニ開催日の万博記念公園は一般利用は不可に

2日間で10万人という、万博記念公園ではかつてない規模での開催が予定されている「SUMMER SONIC 2024」。万博記念公園のホームページに記載されたお知らせによれば、開催日の「8月17日(土)、18日(日)」の2日間はサマーソニック2024のチケットがない人は園内へ入園できない措置をとるようです。

▪️2024年8月17日(土)~18日(日)「SUMMER SONIC 2024」開催における万博記念公園及び周辺施設のご利用について



利用できない施設は、自然文化園および日本庭園、自然文化園にある施設や遊具(EXPO'70パビリオン、万博BEASTなど)、万博記念公園野球場、総合スポーツ広場など。(国立民族学博物館のみ利用可能)

万博オールパスポート・回数券・その他公園入園のための前売券なども当日は利用できないとのこと。詳しくは上記の万博記念公園からのお知らせをご確認ください。

万博記念公園の貸し切り営業は2020年10月に開催された野外音楽フェス「OSAKA GENKi PARK」以来となります。夏場の万博記念公園は利用者が少ないものの、せっかく行ったのに入れなかった…とならないために、周知の徹底が必要となりそうです。



 
関連記事