【吹田】北摂初出店のスーパーマツゲンさんに開店前から長蛇の列!さっそく買い物してきた!

2024年04月26日
吹田市


本日、吹田市青葉丘のコーナン敷地内に和歌山発の地域密着型スーパー「マツゲン吹田インター青葉丘店」がオープンしました!!



「マツゲン」さんの出店に関してはこれまで何度か記事でご紹介しています。

関連記事
▪️吹田市青葉丘のコーナン店舗内に「マツゲン(松源)」というスーパーができるようです!(2024.01.10)

「マツゲン」は1961年に和歌山市で創業し、和歌山県と大阪南部を中心に40店舗以上を展開している地域密着型のスーパーマーケットです。店名は創業者の松本源蔵氏に由来しています。

「エブリデイ・ロープライス」を掲げるマツゲンは、鮮度・品質・味にこだわった商品を毎日お買得価格で提供しています。これは農業・水産業が盛んな和歌山の地の利を生かした流通経路の確立、生産者からの直接仕入れを行うことで、鮮度の高い商品を安く仕入れられるからだそうです。



北摂では馴染みのないスーパーとあって、オープン前から注目を集めていた「マツゲン」さん。開店前には長蛇の列ができていました。



新規カード会員受付にも沢山の人が並ばれていました。マツゲンでは200円ごとに1ポイントの「楽天ポイント」が貯まるほか、店舗発行の「松源Edy-楽天ポイントカード」で決済すると、200円ごとに2ポイント貯まり、お得にお買い物ができるそうです。


こちらが「松源Edy-楽天ポイントカード」。

発行には通常1枚300円かかりますが、5月31日まではオープンキャンペーンに伴い無料で発行してくれます。毎月「5」の付く日(5日、15日、25日)にこちらのカードで決済すると、ほぼ全ての商品が5%offになります。(酒やたばこなどの一部商品を除く)



入店時にいただいたフロアマップ。以前はコーナンの売場だったこともあり、店内は広々としています。生鮮食品をはじめ、加工食品、冷凍食品、お酒や日用品など、一般的なスーパーと同様の品揃えです。鮮魚売場は他のスーパーに比べて広いスペースが取られていましたが、惣菜売場は思っていたよりも、こじんまりとしていました。



専用のスマホでバーコードを読み取りながらお買い物ができる「Shop&Go」というサービスもあります。イオンの「レジゴー」と同様のサービスです。

店内は撮影不可だったので詳細はお伝えできませんが、オープン特化の商品を除いても周辺スーパーに比べると割安の商品が目立ちました。全体的な価格でいうと「万代」に近い感じでしょうか。


松源自慢の海鮮ゴツ太巻き


海鮮切り落とし丼(小)税込430円

海鮮惣菜はどれも新鮮で美味しかったです。


松源自慢のだし巻きたまご 税込321円


変わり種では総重量1.2kgの「メガ盛り弁当シリーズ」なんてのもありました。私はロースカツ重を購入しましたが、これで税込842円という破格の価格!!美味しかったのですが、2人でシェアしても食べきれないぐらいの量でした(^^;;


和歌山産のいちご「まりひめ」。税込321円。

北摂ではあまり見ない品種のイチゴでしたが、甘いのはもちろん、ジューシーで美味しかったです。

そのほかにも和歌山発のスーパーだけあり、和歌山産のカツオやマグロ、和歌山銘菓などもありました。これまであまり馴染みのなかった和歌山ですが、マツゲンさんの進出でぐっと近く感じることができました。

今日も予算が余ったわ♪
今日も貯金が増えてくわ♪
マツゲン マツゲン みんなのマツゲン♪

店舗概要
店舗名:マツゲン吹田インター青葉丘店
営業時間:9:00~21:00
駐車場:あり
住所:吹田市青葉丘南14-1
開業日:2024年4月26日(金)



 
関連記事