大阪モノレールで「クレジットカード等タッチ決済」による交通乗車サービスがスタートしました!

2024年04月11日
大阪モノレール


どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

本日から大阪モノレール全駅(18駅)でクレジットカード等のタッチ決済による乗車サービスがスタートしました!



▪️クレジットカードやデビットカード等でのタッチ決済」による交通乗車サービスを4月11日(木)より開始します(大阪モノレール株式会社)

大阪モノレールが導入したのは、三井住友カード株式会社が提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit(ステラトランジット)」を活用した「クレジットカードやデビットカード等でのタッチ決済」による交通乗車サービス。タッチ決済対応のカード(クレジット・デビット・プリペイド)や、同カードが設定されたスマートフォン等を、 改集札機に設置した専用リーダーにタッチすることで、そのまま改札を通過し乗車できるサービスで、運賃は乗車区間に応じた額をカード決済にて引落します。


大阪モノレール駅構内に掲示されたお知らせ


こちらがタッチ決済専用の改札機

大阪モノレール全駅(18駅)に各1台設置(大日駅のみ改札口が2ヶ所あるため2台)されています。2024年4月11日(木)時点で決済可能なカードブランドは以下の6種類となります。

決済ブランド
⚫︎Visa
⚫︎JCB
⚫︎American Express
⚫︎Diners Club
⚫︎Discover
⚫︎銀聯

※「Mastercard®」については、順次追加予定
※ 一部、ご利用いただけないカード・機種あり
※大人普通運賃のみの設定。小児料金や割引サービスの設定はなし

近年、全国の鉄道各社で導入が進められているクレジットカード等のタッチ決済による乗車サービス。特に大阪府内では2025年「大阪・関西万博」の開催を見据え、2024年内に大阪メトロ、阪急、阪神、近鉄などが全駅での導入を決めるなど、各社で設置が進んでいます。海外では公共交通のクレジットカードのタッチ決済が浸透していることもあり、増加傾向にあるインバウンドに対応するという側面もあるようです。


 
関連記事