【吹田】コーナン吹田インター青葉丘店の駐車場システムが変更となっています!パナスタでの試合開催日は注意!

2024年03月29日
吹田市


どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

今年に入ってから店舗のリニューアルを進めている「コーナン吹田インター青葉丘店」。2つの建物に別れていたホームセンターやペット用品、ガーデニング売場を1号館に集約し、2号館には和歌山や大阪南部を中心に店舗を展開しているスーパー「マツゲン(松源)」が北摂エリア初の店舗をオープンする計画です。




2号館にはスーパー「マツゲン」がオープン予定

関連記事
▪️吹田市青葉丘のコーナン店舗内に「マツゲン(松源)」というスーパーができるようです!

スーパーオープン後はますます利用者が増えそうなコーナン吹田インター青葉丘店ですが、今回のリニューアルにあわせて駐車場のシステムも一新!3月28日(木)から「車両ナンバー識別システム」を導入したことがわかりました!



店舗入口付近に新しく導入した駐車場システムの案内が出ていました。どうやら最近増えている「車両ナンバー識別システム」を導入したようです。



駐車場の出入口で車両ナンバーをカメラが読み取り、出庫時は精算機にて自分の車両ナンバーを入力して駐車料金を精算します。

コーナン吹田インター青葉丘店の場合、最初の60分はお買い物なしでも無料で、コーナン、ダイソー、マツゲンのいずれかで商品を購入したら+60分無料(合計120分)となります。

出庫の際は精算機に自分の車両ナンバーを入力し、精算します。ただし、60分以内に出庫する場合は、精算機での操作は必要ないとのこと



なお、「お買い物なしで1時間以上利用した場合」または「2時間を超えて利用した場合」は駐車料金が発生します。基本料金は「60分ごとに200円」で、平面駐車場は最大料金なし、屋上駐車場は最大料金300円となるようです。

さらに、近隣のパナソニックスタジアム吹田でサッカーの試合が開催される日は「特別日料金」となり、駐車料金が大きく変わります。



サッカー試合開催日は「60分ごとに1500円」の特別料金となる様子。駐車場入口に対象日が掲示されていますので、利用される方は必ず事前にチェックしておきましょう。

この特別料金システムは近隣の「マックスバリュ吹田千里丘店」や「EXPOCITY」などでも導入済みで、サッカーの試合観戦目的での駐車場利用を防ぐためのものです。

新しい駐車場システムに戸惑う方もいるかもしれませんが、慣れてしまえば便利なものです。近年の傾向から今後も導入する施設が増えると思うので、この機会に自分の車両ナンバーを覚えておくと便利ですよ。

コーナン吹田インター青葉丘店はこちら↓


 
関連記事