【箕面】にぎわう開業初日の箕面萱野駅をレポート!駅ビルの商業施設では入場規制も。

2024年03月24日
箕面市


ついにこの日がやってきました!

2024年3月23日(土)、北大阪急行電鉄南北線が千里中央駅から北へ約2.5km延伸し、箕面市内に2つの駅が開業しました!今回はそんな新駅のひとつ「箕面萱野駅」の開業初日の様子をご紹介します。

まずは「箕面萱野(かやの)駅」について少しおさらい。



これまで北大阪急行電鉄南北線の終着・始発駅は「千里中央駅(豊中市)」でしたが、ここから北へ約2.5km延伸。「箕面船場阪大前駅」と「箕面萱野駅」の2つの駅が新設されました。

新しい北側の終着・始発駅となった「箕面萱野駅」。周辺は2000年頃から箕面市が主導となって開発を進めてきたエリアで、鉄道の延伸は長年の悲願でした。延伸工事は2016年に着工。当初は2020年度の開業を目指していましたが、用地買収の遅れや地下に支障物が見つかった影響で開業を3年延期し、ようやくこの日を迎えることができました。


開業日前日の箕面萱野駅

そしてこちらが開業日初日の箕面萱野駅↓


溢れんばかりの人、人、人!!!

開業を心待ちにしていた地元住民はもちろん、沿線住民や鉄道ファンが集結。私が訪れたのは午前9時ごろでしたが、一番乗りの方は数日前から並ばれていたそうです。



北大阪急行は大阪メトロ御堂筋線と直通運転をしているため、梅田や新大阪を経由した10両編成の電車が次々とやってきます。



こちらは乗車券を買い求める人の列。どうやら開業日が印字された切符が目当ての人が多かったようです。



北改札口の隣では駅ビル「みのおキューズモールSTATION棟」の開業カウントダウンが行われていました。



キューズモールのキャラクターや箕面市のマスコットキャラクターも勢揃い。



みのおキューズモールSTATION棟の開店待ち列。雨にもかかわらず、多くの人が列をなしていました。



みのおキューズモールSTATION棟は終日入場規制が行われるほどの混雑で、館内の飲食店などには長蛇の列ができていました。

特に地元・箕面市小野原のコロッケ専門店「コロッケ・クロケッタ」さんや、大阪の人気ラーメン店・人類みな麺類が手掛ける「みな麺Cafe」などが人気のようでした。





また、駅ビルに隣接した「かやの広場」では開業を記念したイベントが開催されていました。



ステージイベントを中心に、フードブースやワークショップなどもありました。雨の中での開催となりましたが、傘がぶつかるほどの混雑でした。

関連記事
▪️【箕面】北急の箕面延伸開業に合わせて2つの新駅周辺で開業記念イベントが開催されます!


 

そして、この日から箕面市内を走行する路線バスも大幅再編。これまで豊中市の千里中央駅を中心とした路線網でしたが、この日から箕面萱野駅を中心とした路線へ変更となりました。



真新しいバスロータリーに次々とバスがやってきます。梅田や新大阪から乗り換えなしで行ける利便性から、今後は箕面の新しい玄関口となるのは間違いないでしょう。

最後は箕面萱野駅構内の様子↓


箕面萱野駅は地上2階建ての高架駅で、2階部分が島式のプラットホームとなっています。



ホームは木のぬくもりを感じられるようにルーバー天井を全面的に採用。都会的でありながら、開放感も感じられます。



ホーム南端には発着する電車や箕面市内を一望できる展望スポットも。



終日混雑した北改札口とは裏腹に、比較的空いていた南改札口。駅構内のトイレはこちらにあり、壁は箕面の自然をイメージした土色のレンガタイルが採用されています。

以上、開業日初日の箕面萱野駅の様子でした!
関連記事