【2024年】万博記念公園桜まつりの情報が解禁!!今年も夜桜や屋台が楽しめます!

2024年02月20日
万博記念公園イベント情報


どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

「日本さくら名所100選」にも選ばれている大阪・万博記念公園の桜。


写真は2023年3月末に撮影

園内には12種類・約5500本の桜の木が植えられており、3月中頃から「カンヒザクラ」やヒガンザクラ」などの早咲きの品種が咲き始め、3月下旬から4月上旬には「ソメイヨシノ」が一斉に見頃を迎えます。


写真は2023年3月末に撮影

今回はそんな万博記念公園で開催予定の桜まつりについて、開催日時やイベント内容など、詳しい情報が入ってきましたのでお伝えいたします!

2024年の桜まつりはパワーアップ!屋台の出店数は過去最大規模に!

今年の万博記念公園桜まつりは「SAKURA EXPO 2024」と題し、桜に関連したイベントが今までよりもパワーアップして開催されます。

SAKURA EXPO 2024 概要
日時2024年3月20日(水・祝)~4月7日(日)
9:30~17:00(最終入園16:30)
夜間ライトアップ期間:3月25日(月)~4月3日(水)
9:30~21:00(最終入園20:30)

※期間中は休みなし
場所万博記念公園東大路
を中心とした園内各所
料金無料
※別途、万博記念公園の入園料が必要
(大人260円、小中学生80円)
HP万博記念公園 桜まつり (expo70-park.jp)

︎東大路の桜並木ライトアップ

3月25日(月)~4月3日(水)までの計10日間、万博記念公園の東大路では桜並木のライトアップが行われます。


写真は2023年3月末に撮影


写真は2023年3月末に撮影

日程:2024年3月25日(月)~4月3日(水)
時間:18:00~21:00(最終入園20:30)
場所:自然文化園 東大路の桜並木
料金:無料
※別途、万博記念公園の入園料が必要


「東大路の桜並木ライトアップ」ルート

出典:万博記念公園ホームページ

※16:30以降は中央口ゲート、日本庭園前ゲート、東口ゲートのみ利用可能。
※中央駐車場・日本庭園前駐車場・東駐車場は、最終入場20:30、閉場22:00まで利用可。



  ︎SAKURA フードコート
映えるキッチンカーや露店など、桜まつり期間としては最大規模となる総数80店舗がお祭り広場に登場!1日では食べつくせない魅力溢れるフードが盛りだくさんです!



日程:2024年3月20日(水・祝)~4月7日(日)
時間:10:00~17:00(最終入園16:30)
※3/25(月)~4/3(水)は「10:00~21:00」まで
場所:お祭り広場
料金:500円(入場料+ワンドリンク付き)
※別途、万博記念公園の入園料が必要
※商品の購入には別途料金が必要です

そのほかにも、日本庭園茶室「汎庵・万里庵」特別公開や大道芸人によるパフォーマンスなど、さまざまなイベントの開催が予定されています。詳しくは万博記念公園ホームページにてご確認ください。

桜の開花および見頃の時期は?

今冬は暖冬の影響により、桜の開花は例年よりもやや早くなる予想でしたが、3月に入り気温が低く推移。開花はほぼ平年並みとなる予想です。


写真はイメージ

●大阪の桜開花日(2024年3月30日現在)

大阪管区気象台発表
3月30日(土)

※平年:3月27日

大阪管区気象台から「大阪で桜が開花した」と発表しました!平年より3日、昨年より11日遅い開花です。

●大阪の桜満開日
4月6日(土)

※平年:4月4日

大阪管区気象台から「大阪の桜が満開になった」との発表がありました!平年より2日、昨年より10日遅い満開です。

お花見は「4月4日(木)~4月10日(水)ごろ」がオススメとなりそうです。

なお、万博記念公園の桜開花状況はこちらのページで確認することができるほか、「Enjoy EXPO」の Twitterアカウントでも発信していますので参考になさってください。(https://twitter.com/enjoy_expo

関連記事
いよいよ、お花見シーズン到来!万博記念公園の穴場お花見(桜)スポットをご紹介いたします!

周辺道路の渋滞にご注意!

毎年、桜まつり期間は周辺道路で大規模な渋滞が発生します。特に週末は混雑が予想されますので、桜まつりへの来園は公共交通機関(大阪モノレール or バス)の利用がオススメです。

夜間の駐車場利用について
中央駐車場・日本庭園前駐車場・東駐車場は、最終入場20:30、閉場22:00まで利用可。西駐車場、南駐車場は17:00まで。

万博記念公園駐車場情報はこちら
関連記事