「箕面船場阪大前駅」は今こんな感じ!2024年3月23日開業予定の新駅を見てきた!

2023年09月02日
箕面市


2024年3月23日(土)に延伸開業が決まった北大阪急行南北線の「千里中央駅~箕面萱野駅」。今回は延伸によって新たに設置される「箕面船場阪大前駅」の工事と駅周辺の様子を見てきました!



|関連記事|
▪︎北大阪急行線「千里中央駅~箕面萱野駅」の開業日は2024年3月23日(土)に決定したようです!

箕面船場阪大前駅

千里中央駅から北へ約1.5kmの箕面市船場エリアに新規開業する「箕面船場阪大前駅」。



この辺りは「大阪船場繊維卸商団地(略称:船場団地)」と呼ばれるエリアで、1970年ごろに大阪市中央区の船場地域から移転してきた繊維卸商社のオフィスが多く建ち並んでいます。


出典:北大阪急行電鉄プレスリリース

箕面船場阪大前駅は島式ホーム1面2線を有する地下駅。ホームは地下3階、改札は地下1階に設置され、一日の利用者数は約17,000人と想定されています。

地下駅なのでホームなどを直接見ることはできませんが、駅南側メイン出入口に当たる地上部では駅前広場の整備が進められています。


2023年9月撮影

幾重にも重なり合う白い大きな屋根がある場所が「箕面船場阪大前駅」の南側出入口です。


2024年2月上旬撮影

地上部分から見るとこんな感じ。





箕面市立文化芸能劇場付近から「箕面船場阪大前駅」の南広場&駅吹き抜け空間を見た様子。





箕面船場阪大前駅南広場と新御堂筋の西側を結ぶ歩行者専用デッキの様子。駅開業に先立ち、2024年1月10日に供用を開始しました。


 

箕面船場阪大前駅はメインとなる南出口のほかに、新船場北橋東詰付近に北出口が整備されます。(2024年度完成予定)



北出口は駅開業には間に合わない予定で、すぐそばのCOM2号館に代わりとなる出入口が設置されています。



駅の東側(箕面市立文化芸能劇場前)には空き地が広がっていますが、こちらにはタワーマンション2棟と複合商業施設を整備する計画です。開業は2026年度の予定。



このほか新駅周辺では分譲マンションの建設ラッシュとなっているほか、既存のオフィスをリニューアルする動きもみられます。新駅の開業日が決まったことで、今後ますます再開発に拍車がかかる可能性もあります。

以上、「箕面船場阪大前駅」周辺の様子でした!

箕面船場阪大前駅周辺はこちら↓
関連記事