マクドナルドが一部店舗で値上げへ!北摂では「ららぽーとEXPOCITY店」が対象となるようです。

2023年06月19日
エキスポシティ


どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

人件費やエネルギー価格の上昇、食材費などの高騰を反映し、外食の値上げが相次いでいます。庶民の味方「マクドナルド」も例外ではなく、昨年末に実施した値上げに続き、2023年7月19日からは東京や大阪、名古屋などの都市部にある一部店舗で価格改定を行うと発表しました。



値上げの対象店舗は「184店舗」

マクドナルドの発表によれば、価格改定の対象は東京・名古屋・大阪などの都市部にある184店舗。これまでも通常店舗とは別に「都心店」や「特殊立地店」と位置付けた店舗では値段をやや高く設定していましたが、7月19日からは「準都心店」を新設し、都市部などの店舗運営コストが高い立地に応じた適用価格見直しを行います。

都心型価格の適用店舗再編のお知らせ(マクドナルド:ニュースリリース)
価格改定実施店舗一覧



具体的にどれぐらい値上げになるの?

今回の価格改定は店舗の立地によって異なり、都心店では「10~90円」の値上げ、準都心店は「10~30円」の値上げとなります。

北摂では唯一都心店に分類される「ららぽーとEXPOCITY店」では、ビックマックは450円から500円に、マックフライポテトMサイズは330円から370円へ値上げとなります。一方でハンバーガーやポテトのSサイズなどは価格を据え置くとのこと。


※写真はイメージ

なお、都心店や準都心店に分類されない通常の店舗では価格改定は行われませんのでご安心を!

値上げは困るけど…マクドナルドは好きだから今後も利用したい!という方は、お得な価格で利用できるマクドナルド公式アプリのクーポンをうまく活用してみるといいかも。


 
関連記事