「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

【2022年7月1日(金)〜START!!】
ららぽーとEXPOCITY
夏のバーゲン情報まとめ


JR千里丘駅前再開発に向けた動き?「北おおさか信用金庫千里丘支店」が移転を計画しているようです。

2022/03/30
【摂津市】の気になる情報 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

JR京都線「千里丘駅」西口で計画されている駅前再開発事業。当サイトでも何度かお伝えしてきましたが、いよいよ再開発に向けた動きが活発化してきましたのでお伝えいたします。

千里丘駅西口の再開発事業とは

JR千里丘駅西口の再開発事業(正式名称:千里丘駅西地区市街地再開発事業)は、大阪府摂津市にあるJR京都線「千里丘駅」の西側で計画されている再開発事業です。

摂津市が主体となって進めており、JR千里丘駅西口に広がる摂津市域1.5ヘクタールを一体的に再開発し、駅前広場や道路の整備とともに、商業施設や交流施設を整備する計画です。


再開発ビルの配置図(出典:摂津市ホームページ

現在は古い木造住宅や雑居ビルなどが建ち並んでいるエリアを計画的な土地の高度利用による災害に強い良好な住環境形成や、都市機能の充実による駅前のにぎわい創出を目的に、駅前交通広場やタワーマンション、商業・業務ビルなどを整備します。


府道正雀停車場線からのイメージ(出典:摂津市ホームページ

35階建てのタワーマンションを中心に、下層階には商業施設、駅前にはバスなどが発着する交通広場、駅から再開発ビルに続く自由通路などを整備。


千里丘中央病院付近からのイメージ(出典:摂津市ホームページ


マルヤスJR千里丘駅店付近からのイメージ(出典:摂津市ホームページ

2021年6月30日に事業計画を決定した千里丘駅西地区市街地再開発事業。2023年春にも再開発区域内にある建物の解体に着手する予定で、2027年春頃の完成を目指しています。

【関連記事】
2027年完成予定!JR千里丘駅西口再開発の新しい完成イメージ図が公開されています!


  再開発に向けた動き?北おおさか信用金庫千里丘支店が移転を計画か

先日、読者の方から「千里丘駅西側、千里丘交差点近くの焼肉屋'牛角'の隣でなにやら工事が始まるみたいです」。との情報をいただきました。

さっそく現地の様子を見に行ってみることに!



こちらが千里丘駅西側、千里丘交差点にある焼肉屋「牛角」。その隣にはセブンイレブンがあります。

産業道路沿いを歩きながら牛角の裏手に回ってみると、



以前は駐車場だった場所が更地になっていました。



現地には開発計画のお知らせが掲示されており、「北おおさか信用千里丘支店新築工事」とありました。

建物は地上3階建てで、高さは約12m。工事期間は「2022年3月1日~2023年3月31日」とあります。


こちらが現在の「北おおさか信用金庫千里丘支店」。

新築移転場所から産業道路沿いに北へ約150mの再開発区域内にあります。現時点では移転に関する情報は発表されていませんが、工事期間などから、再開発に向けた移転を計画しているとみられます。

再開発区域内には銀行や商店など、たくさんの事業所がありますが、今後移転に向けた動きが活発化するのかもしれません。

以上、北おおさか信用金庫千里丘支店の移転計画についてお伝えいたしました!
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.