「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

【2022年7月1日(金)〜START!!】
ららぽーとEXPOCITY
夏のバーゲン情報まとめ


【2022年冬オープン】イオン東淀川豊新の建設状況を見てきた!

2022/03/05
大阪市内の商業施設情報 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

以前記事の中でお伝えいたしましたが、大阪市東淀川区豊新2丁目の名鉄運輸跡地ではイオンの新店舗(仮称)イオン東淀川豊新が2022年後半のオープンに向けて工事が進められています。

(仮称)イオン東淀川豊新店が名鉄運輸跡地にオープンするようです!(2021.09.16)

この記事から約5か月。久しぶりに現地の様子を確認してきましたので、お伝えいたします。

イオンの新店舗ができる場所は「大阪市東淀川区豊新ニ丁目12-29」↓



阪急京都線「上新庄駅」から徒歩約11分、JRおおさか東線「淡路駅」から徒歩約12分という場所。

吹田市からだと、吹田大橋を渡った先、ラウンドワン東淀川店の近くです。


こちらが2021年9月に撮影した現地の様子。

この場所には「名鉄運輸淀川支店」がありましたが、施設の老朽化に伴い、2020年9月に閉鎖。淀川支店の機能は西淀川区内に新築された施設に移転済みです。

名鉄運輸株式会社 淀川支店新築移転のお知らせ



約5か月ぶりに現地を訪れてみると、早くも大きな鉄骨が組み上がっていました!



現地に掲示されたお知らせによれば、1~2階が店舗、3階および屋上は駐車場になるようです。





開発元のイオンリテールは、新しい都市型商業施設「イオンそよら」の店舗展開を進めており、大阪や名古屋、首都圏などに2023年度までに計10店舗を出店する計画を発表しています。

現在のところイオンリテールから詳細は発表されていませんが、敷地面積等を考えると店舗業態は「そよら」になるのではないかと予想されます。


  「イオンそよら」は「イオンモール」「イオンタウン」などに並ぶ、新たな商業施設で、商圏は10㎞圏内を想定。イオンスタイルを核に、テナントは10~40店舗、売場面積は約10,000㎡ほどの施設です。





大通りとは反対の裏手に回ってみました。イオンに隣接する形で分譲マンションの建設も整備中でした。



イオンが隣なので、日々のお買い物は便利でしょうね。

なお、気になる「(仮称)イオン東淀川豊新」のオープン時期ですが、現時点では公式リリースがないので詳細はわからず。現地に掲示されたお知らせでは工事期間が「2022年11月7日まで」となっていましたので、それ以降になるのではないでしょうか。

オープン時期や入居テナントなどがわかりましたら、追ってお伝えいたしますのでお楽しみに!
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.