「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

【2022年7月1日(金)〜START!!】
ららぽーとEXPOCITY
夏のバーゲン情報まとめ


万博記念競技場で大規模な改修工事が行われています。工事完了は2022年3月末予定。

2022/01/16
万博記念公園ニュース 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

万博記念公園の東側、大阪モノレール「公園東口駅」に隣接する「万博記念競技場」で大規模な改修工事が行われています。



万博記念競技場は1972年に完成した陸上競技場で、トラック400m×8レーン、天然芝ピッチなどを備え、球技場としても利用されています。



大阪万博閉幕後に、当時駐車場として利用されていた場所に建設された「万博記念競技場」。今年で完成から半世紀となる歴史ある競技場です。

パナソニックスタジアム吹田(市立吹田サッカースタジアム)が完成する2015年までは、ガンバ大阪のホームグラウンドとして使用されていました。



最大収容人数は約21,000人。ナイター設備もあり、日本陸上競技連盟の第2種公認陸上競技場となっています。


 そんな万博記念競技場ですが、現在、公認検定に係るトラック改修工事が行われています。


現地には「陸上競技場を改修しています」とのお知らせが掲示されていました。

万博記念公園のホームページによれば、改修工事期間は「2021年10月1日~ 2022年3月31日」までを予定しているとのこと。


少し内部を覗いてみました。今回の改修工事は公認検定に係るもののようですが、具体的にどのような改修が行われているのか、目視ではわかりませんでした。





これまで何度か改修工事が行われていますが、建てられてから半世紀とあって、少し老朽化も目立つ万博記念競技場。愛着のある施設なので、今後も長く利用されると嬉しいな~。
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.