「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

【2022年7月1日(金)〜START!!】
ららぽーとEXPOCITY
夏のバーゲン情報まとめ


イオンタウン豊中庄内(阪急バス本社跡地)は2022年冬オープン!

2021/11/29
【豊中市】の気になる情報 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

先日、読者の方から「豊中市庄内西町にあった阪急バス本社・豊中営業所跡地にイオンタウンができるみたいです」との情報が寄せられました。さっそく現地の様子を確認してきましたのでお伝えいたします。

情報提供があった場所は「豊中市庄内西町5丁目」の阪急バス本社および阪急バス豊中営業所の跡地。

地図はこちら↓


阪急宝塚線「庄内駅」から南へ徒歩8分ほどの場所で、国道176号線に面しています。


こちらが現地の様子。(2021.11.28撮影)

この場所には阪急バスの本社および豊中営業所がありましたが、阪急バス豊中営業所は2020年12月10日に大阪市淀川区(十三)に、阪急バス本社は阪急宝塚線豊中~岡町駅間の高架下にそれぞれ移転しています。


バスの営業所などが入っていた建物は解体され、すっかり更地になっていました。


こちらが現地に掲示された「開発行為等のお知らせ」。


情報提供にあった通り、跡地にはイオンタウン株式会社が商業施設を計画しているようです。

イオンタウンは半径5kmほどの住人をターゲットとした近隣型ショッピングセンターで、イオン系列のスーパーマーケットを核に数十店舗の専門店が入居する地域密着型の商業施設です。北摂では「イオンタウン豊中緑丘」、「イオンタウン茨木太田」があります。

施設の名称は「イオンタウン豊中庄内」あたりになるのではないでしょうか。

2022年3月14日追記

2022年3月14日、イオンタウン株式会社から出店に関する正式な発表がありました。

「イオンタウン豊中庄内」の出店について


完成イメージ図

施設名は「イオンタウン豊中庄内」で、オープンは2022年冬ごろを予定しているようです。

施設名称:イオンタウン豊中庄内
所在地 :大阪府豊中市庄内西町5丁目18-2
敷地面積:約8,827㎡
延床面積:約9,661㎡
総賃貸面積:約5,769㎡
駐車台数:188台
駐輪台数:約300台
店舗予定数:約15店舗
構造  :鉄骨造2階建て
開業時期:2022年冬


 
敷地の南側では道路の拡幅工事が行われていました。(2021.11.28撮影)


敷地のすぐ隣には阪急バスの停留所(日出町)があるので、バスでのアクセスも便利な場所です。(JR吹田駅や江坂駅から乗り換えなしでアクセス可能)


イオンタウンの建設予定地から阪急宝塚線「庄内駅」方面を見た様子。国道176号線を直進すると阪急庄内駅に着きます。


阪急宝塚線「庄内駅」


最後はイオンタウンの建設予定地から大阪市内(十三)方面を見た様子。

オープンはまだ少し先になりますが、また新しい動きがありましたら追ってお伝えいたします。

※ゆーちゃむさん、情報提供ありがとうございました。
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.