「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

1年3か月ぶりに太陽の塔が「緑色」に!大阪コロナ警戒信号の引き下げを受けて

2021/10/26
万博記念公園ニュース 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

25日(月)、大阪府は新型コロナウイルスの感染拡大状況を独自の警戒レベルで示す「大阪モデル」が警戒を示す黄色から緑色に引き下げられたことを受けて、万博記念公園の太陽の塔と通天閣を緑色にライトアップしました。



大阪モデルで緑色の基準になるのは昨年7月以来、約1年3か月ぶりとなるそうです。


緑色にライトアップされた太陽の塔。

緑色は安心感や調和を表す色で、見る事で気持ちを落ち着かせて穏やかにしてリラックスさせてくれる効果があるそうです。





太陽の塔のライトアップは万博記念公園閉園後に行われるため、残念ながら間近で見ることはできません。ライトアップは今月31日(日)まで行われるようです。(日没から23時まで)



現在、EXPOCITYの観覧車'OSAKA WHEEL'はシャネル(CHANEL)とのコラボイベントに合わせた特別ライトアップを実施しており、緑色の太陽の塔と珍しい組み合わせを見ることができます。(シャネルとのコラボイベントも31日まで)

エキスポシティの観覧車がシャネルのフレグランス「N°5」をイメージした特別ライトアップになっています!

ひとまずは緑色になり一安心といったところですが、昨年も年末にかけて感染が拡大していることから、まだまだ油断はできません。引き続き感染症対策をしっかり行い、次の波に備えることが求められます。


 
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.