「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

懐かしい風景写真や貴重な各種資料も!「千里ニュータウン情報館」がおもしろい!

2021/10/25
【吹田市】の気になる情報 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

突然ですが、皆さんは千里ニュータウン情報館ってご存知ですか?

千里ニュータウンの歴史や生活文化に関する資料の展示、千里ニュータウンに関する調査及び研究、地域情報の発信などを行っている施設です。


千里ニュータウンプラザ

吹田市の阪急千里線「南千里」駅前にある千里ニュータウンプラザの2階に「千里ニュータウン情報館」はあります。

施設自体はそれほど広くはありませんが、千里ニュータウンの航空写真、年表、模型、解説、ニュータウン内12の街のパネルなど、千里ニュータウンに関する様々な資料を見ることができます。


施設に入ってまず目に飛び込んでくるのが「千里ニュータウンの歴史」と書かれた年表。ニュータウン計画から現在までの主な出来事が記載されているほか、市民から寄贈された貴重な写真なども時系列に合わせて見ることができます。


1973(昭和48)年、オイルショック後の灯油の特別販売の様子。

1973年10月末、千里中央のあるスーパーに、突然長い行列ができました。トイレットペーパーの特売に並んだ人たちでしたが、これを見た住民たちの間から「トイレットペーパーがなくなるらしい!」というデマが一挙に広がり、買いだめが町じゅうに拡大。数日の間にあらゆる紙製品が店頭から消え、この騒ぎは千里からなんと日本中に広がってしまいました。
引用元:千里ニュータウン情報館

オイルショックを発端とする全国的な物不足は千里中央から始まったことは知っていましたが、まさか特売の行列が騒動の発端だったとは^^;


そして施設の中央には千里ニュータウン計画時の模型も展示されています。住居をはじめ、道路や公園、学校などが計画的に配置されていることがよくわかります。


こちらは千里ニュータウンにある12の街区をまとめたパネル。その街区の由来や特徴、いつ頃にまちびらきを行ったかなどを知ることができます。


かつて千里ニュータウン内にあった団地の貴重な資料も展示されていました。牛乳箱などを見ると時代を感じますね。


 
こちらは千里ニュータウンで大ヒットしたという「バスオール」。千里ニュータウンの府営団地には風呂が整備されなかったため、こちらの簡易型の風呂が大ヒット!皆さんベランダや台所に設置して利用したそうです。


中には小さな浴槽があり、蛇口や上部にはシャワーも付いています。


こちらは千里中央の空撮写真。1970年頃から約15年ごとの空撮写真が展示されていました。


Twitterで公開したところ、大きな反響があった1982年頃に撮影された千里中央の空撮。


そのほかにも千里ニュータウンの懐かしい映像や写真、各種資料なども閲覧できます。

これだけの貴重な資料があって入館料はなんと無料!千里ニュータウンの懐かしい写真を見たい方、ニュータウンの歴史に興味のある方、千里ニュータウン情報館オススメですよ!

千里ニュータウン情報館 概要
開館時間:9:00~17:30
休館日:月曜日(ただし祝休日の場合は、その翌日)、12月29日~1月3日
入館料:無料
最寄駅:阪急南千里駅下車徒歩1分
所在地:吹田市津雲台1丁目2番1号 千里ニュータウンプラザ2階


関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.