「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

2021.07.17~08.09
万博記念公園ひまわりフェスタ開催中!

国税庁が2021年の全国路線価を発表!北摂の主な地点の路線価はどうなった?

2021/07/04
その他 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

先日、国税庁から全国の最新路線価が発表されましたのでご紹介します。

そもそも路線価とは
路線価とは「道路に面している土地の1平方メートルあたりの評価額」のことを指します。国税庁が毎年7月1日に公示し、相続税や贈与税の算定基準となります。


全国平均の路線価は6年ぶりに下落。北摂の路線価はどうなった?

国税庁が7月1日に公示した路線価は全国平均で0.5%の下落となり、6年ぶりにマイナスとなりました。

国税庁が発表した全国路線価図等はこちら

新型コロナウイルスの影響による訪日客の減少や消費の低迷などで、都市部の観光地や繁華街などで下落に転じました。これまで上昇を続けていた東京や大阪、名古屋などの三大都市圏を含む39都府県でマイナスとなり、全国平均を押し下げた形です。(上昇は北海道、宮城、千葉、福岡、佐賀、熊本、沖縄の7道県のみ)


近畿の路線価最高額は38年連続で「大阪市北区角田町(阪急うめだ本店前)」で、1平方メートルあたり「1976万円」でした。

阪急百貨店前がトップとなるのは38年連続ですが、前年比では-8.5%とマイナスとなりました。(昨年は2,160万円/1㎡)



近畿で2番目に路線価が高かったのは「大阪市中央区心斎橋2丁目(心斎橋筋商店街)」。

今年は訪日客の大幅な減少などで、1平方メートルあたり「1,580万円」で前年比-26.4%の下落となりました。これは全国で最大の下落率だったとのこと

いわゆるミナミはこれまで全国一の高い伸び率(前年は+44.6%)となっていただけに、訪日客の減少は路線価を大きく引き下げる要因となったようです。


一方で、郊外の路線価では上昇した地点もあるなど、都市部と大きく明暗が分かれる結果となりました。

202107031119038d1.jpeg
豊中市の千里中央エリア

北摂では「豊中市新千里東町1丁目(北大阪急行千里中央駅前)」で1平方メートルあたり「126万円」と、前年比1.6%の上昇となったほか、「高槻市北園町(阪急高槻市駅前)」で1平方メートルあたり「60万円」と、こちらも前年比3.4%の上昇となっています。

郊外でも、生活利便性が高い場所は路線価も比較的堅調だったようです。


20210703111901e64.jpeg

一方で、「吹田市豊津町(大阪メトロ御堂筋線江坂駅前)」は1平方メートルあたり「145万円」で、全国ワースト6位の下落率(前年比で-10.5%)となりました。

近年は江坂周辺も大幅な上昇傾向だったため、その反動が大きく出た結果といえます。

関連記事
江坂駅周辺で目立つ居酒屋の閉店...。6月末には‘あの‘カラオケ店も閉店へ。

路線価はそのエリアの経済状況を示す指標ともいわれており、来年以降の動向が気になるところです。

なお、近畿の主な都市の路線価は「大阪国税局ホームページ」にて確認できます。気になる方はぜひご覧ください。


 
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.