「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

2021.08.02~【緊急事態宣言発出中】
万博公園・EXPOCITYの営業について

ニフレルのミニカバ‘フルフル‘が2度目の妊娠!夏頃に赤ちゃんが誕生予定みたい!

2021/04/17
NIFREL 0

 どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

明るいニュースが入ってきました!

ニフレルのアイドル、ミニカバのフルフルが検査の結果、妊娠していることが判明!夏頃に赤ちゃんが誕生予定であることが明らかになりました!


20210430184601a78.jpeg

ミニカバのフルフル



【ニフレルのホームページに掲載されたお知らせ】

ミニカバの「フルフル」が、3月16日の検査の結果で、妊娠していることを確認しました!
その後1か月を経過し、「フルフル」の健康状態もよく、胎児も順調に育っていますので、お知らせいたします。夏頃にはニフレルで2頭目となるミニカバの赤ちゃんが誕生予定です!

<これまでの流れ>
2021年3月16日:エコー検査で妊娠していることを獣医が確認。胎児の体の左右幅は約7㎝程度。

<今後の予定>
獣医による定期的な検査を実施するほか、「フルフル」が赤ちゃんを押しつぶさないよう寝室を改善したり、赤ちゃんが溺れないようにプールを底上げするなど、「フルフル」が安心して子育てできる環境を整えます。
 
「フルフル」は2019年にオスの「タムタム」を初めて出産し、初産ながらも「タムタム」が成長して巣立つまで立派に育て上げました。妊娠を確認しましたが、出産直前まではこれまでどおり「フルフル」をご覧いただけます。なお、オスの「モトモト」と「フルフル」を交互に展示しており、2頭を同時にご覧いただくことはできません。

引用元:ニフレルホームページより


20210430184603a33.jpeg


ニフレルの公式YouTubeでは、妊娠が判明した日に撮影されたフルフルの様子が公開されています。




フルフルの妊娠は2度目で、2019年2月には一頭目の赤ちゃん「タムタム」が誕生しています。(タムタムは独り立ちの時期を迎えため、2020年7月に神戸どうぶつ王国へ巣立ちました。)

さようなら「タムタム」...。ニフレルのミニカバが独り立ちします!(2020.06.15)


そもそもミニカバは西アフリカなどの限られた地域にしか生息しない希少種で、正式名称は「コビトカバ」と呼ばれています。

人間の乱獲などにより個体数が激減。現在はワシントン条約で保護されていますが、全世界でも2,000~2,500頭ほどしか生息していません。日本国内で飼育している施設も限られており、繁殖も難しいとされているなかでの今回の嬉しいご報告!

また新しい情報が入りましたら、追ってお伝えいたします!


 
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.