「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト

令和3年の全国公示地価が発表されました!北摂各市の地価はどうなった?

2021/03/24
その他 0

どうも!「Enjoy EXPO」のアイスマンです。

3月23日に発表された全国の土地の価格動向を示す 公示地価(2021年1月1日時点)。

新型コロナウイルスの感染拡大による、外出自粛や時短営業、訪日客の減少などが響き、住宅地や商業地などを含めた全国すべての調査地点の平均が6年ぶりに下落に転じました

では北摂各市の公示地価はどのように変化したのか。

国土交通省が発表した資料からピックアップしてみました!



大阪圏の地価も下落に転じる


国土交通省が発表した資料によりますと、大阪圏の地価は新型コロナウイルスの感染拡大による、訪日客の減少や経済活動が停滞した影響から、商業地(-1.8%)が8年ぶり、住宅地(-0.5%)も7年ぶりに下落となりました。

令和3年地価公示結果の概要(PDF)

市区町村別の地価動向(大阪圏の商業地)


拡大図はこちらからご覧になれます。(PDF)


市区町村別の地価動向(大阪圏の住宅地)


拡大図はこちらからご覧になれます。(PDF)


訪日客の増加などで上昇傾向にあった大阪圏の地価ですが、コロナ禍により国内外の観光客が減少したことで、店舗・ホテル需要が大きく減退。商業地を中心に下落に転じる結果となりました。




北摂の地価はどうなった?

北摂7市(豊中市、吹田市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、摂津市)の地価動向をこちらの資料から見てみます。


北摂各市の対前年平均変動率
(令和2年1月1日→令和3年1月1日)
市町村名商業地住宅地
豊中市+0.2%(+7.1%)+0.0%(+1.3%)
吹田市△2.0%(+9.3%)△0.2%(+1.5%)
池田市+1.3%(+4.6%)+0.1%(+0.7%)
箕面市+2.7%(+3.7%)+0.5%(+1.5%)
茨木市+1.1%(+3.8%)+0.1%(+0.9%)
高槻市+0.9%(+2.6%)△0.2%(+0.2%)
摂津市△0.1%(+1.1%)△0.4%(+0.4%)

()内は前年の平均変動率

前回の発表ではすべての市で上昇となっていましたが、吹田市と摂津市は商業地・住宅地ともに、高槻市は住宅地の地価が下落に転じたことがわかります。

一方で、北大阪急行線の延伸による土地取引が活発な箕面市をはじめ、池田市や茨木市などは上昇傾向が続き、豊中市は横ばいという結果でした。

鉄道駅の徒歩圏内でのマンションや大阪・京都への交通利便性が高い住宅地の需要は堅調に推移している北摂。

来年以降は一体どうなっていくのか。今後の動向に注目したいと思います。

 
関連記事
 この記事をシェアする

[El-zigzag] designed by Akira.

Copyright © 「Enjoy EXPO」〜万博記念公園エリアの地域情報サイト All Rights Reserved.