FC2ブログ

計16日間封鎖!中国道「吹田JCT~中国池田IC」のリニューアル工事がついに始まる!


どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。万博公園周辺の地域情報サイト「Enjoy EXPO」の管理人'アイスマン'です。


ニュースやテレビCMなどでご存知の方も多いと思いますが、本日6月12日(金)午前0時より、中国道の「吹田JCT~中国池田IC間の大規模リニューアル工事」が始まりました




写真は閉鎖された「中国道吹田IC」。



今回、リニューアル工事が行われるのは「吹田JCT~中国池田IC」。特に「中国吹田IC~中国豊中IC」間は1970年大阪万博に開幕にあわせて整備された区間で、開通から50年が経過。

開通後の交通量の大幅な増加や、車両の大型化などで橋梁等の構造物の損傷が進行しています。特に交通量は、2013年の調査で1日平均7万2千台の通行があることがわかっています。これは開通当初の4倍の通行量となっています。

近年は老朽化が進み、部分的な補修では限界があることなどから、高速道路を管理する「NEXCO西日本」は大規模リニューアルに着手。

6月12日(金)~6月28日(日)午前5時までの期間、「吹田JCT~中国池田IC」間を昼夜問わず上下線とも、全面通行止めにすると発表しました。




出典: https://kansai-renewal.com/50th/
通行止めとなる区間



今回のリニューアル工事では、橋梁やトンネル、のり面などの道路構造物を対象に、長期的な安全性や耐久性を確保することを目的として、耐久性に優れた部材への取り替えや補強などを行うそうです。






中国吹田料金所から中国池田IC方面(西側)を見た様子。奥は中国道に並走する大阪府道2号中央環状線。(通称:中環)

高速道路部分は完全に閉鎖され、工事関係者の車両のみとなっていました。









中国吹田料金所付近から吹田JCT方面(東側)を見た様子。中央を走るのが中国道ですが、全面通行止めとなっています。


両脇に並走しているのは中環ですが、私が撮影したときは目立った渋滞はみられませんでした。








最後は封鎖された吹田料金所付近から中国池田IC方面を見た様子。


NEXCO西日本はリニューアル工事により、周辺道路が渋滞する可能性があることから、迂回路の案内や渋滞情報を特設サイトにて発信しています。

中国道リニューアル専用のホームページはこちら
https://kansai-renewal.com/50th/



通行止め期間は渋滞が予想されますので、ご利用になられる方は最新の情報をチェックされることをオススメします。


最後までご覧頂き、ありがとうございました。
関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー