FC2ブログ

万博記念公園で開催された野外ライブで最も多くの観客を動員したアーティストとは・・・


どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。大阪府吹田市にある万博公園エリアの情報発信サイト「Enjoy EXPO」の管理人‘アイスマンです。

皆さんご存知の万博記念公園。

1970年大阪万博の会場跡地を都市公園として再整備した場所で、太陽の塔でお馴染みです。四季折々の風景が楽しめる広大な公園は、周辺に住む方はもちろん、大阪の観光スポットでもあります。

fc2blog_202005021011427fc.jpg

そんな万博記念公園では、毎年夏になると様々なアーティストが野外ライブを開催しているのをご存知でしょうか。調べてみると、2000年以降は毎年欠かさず開催されており、これまでに多くのアーティストが太陽の塔をバックに歌を披露してきたようです。



ここでひとつ疑問が...

「過去に万博記念公園で開催された野外ライブにおいて、最も多くの観客を動員したアーティストは誰なんだろうか」。


少し気になったので、過去に万博記念公園で開催された野外ライブについて調べてみることに...。今回は一日で動員した観客数を基に、過去最も多くの人を集客したアーティストをランキング形式でご紹介したいと思います。







第5位「大阪を代表するロックバンド!」

第5位にランクインしたのは、大阪を代表するロックバンド「ウルフルズ」


ウルフルズ-min
出典:ウルフルズ公式ホームページ

1988年に大阪で結成されたウルフルズは、1992年にシングル「やぶれかぶれ」で全国デビュー。1996年にリリースした9枚目のシングル「ガッツだぜ!!」、続く10枚目のシングル「バンザイ~好きでよかった~」、サード・アルバム「バンザイ」は100万枚を越える累計売上を記録。同年、NHK紅白歌合戦にも初出場しています。

そんなウルフルズですが、2000年から万博記念公園にて10年連続でワンマンライブ「ヤッサ!」を開催。しかし、2009年夏の開催を最後に活動休止を発表。活動休止にともなって、恒例の野外ライブもなくなってしまいました。

その後、2014年にバンドの再始動を発表。同年夏には5年ぶりに万博記念公園で野外ライブを開催しています。2015年~2018年にかけても毎年開催してきました。


一日の観客動員数:20,000人

■クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017~ウルフルズ25祭!!~
日程:2017年9月23日(土)
開場 13:30 開演 15:30 終演 19:00
会場:万博記念公園もみじ川芝生広場
観客動員数:20,000人


計15回にわたって、万博記念公園でワンマン野外ライブを開催してきたウルフルズ。毎年15,000人~18,000人を動員しており、デビュー25周年の開催となった「ヤッサ2017年」では、約20,000人を動員しています。一日の動員数では5位ですが、累計の観客動員数では1位となっています。






第4位「日本を代表するフォークシンガー!」

第4位にランクインしたのは、元かぐや姫のリーダーでもあるフォークシンガー「南こうせつ」さん。


南こうせつ-min
出典:南こうせつ公式ホームページ

大分県出身の南こうせつさんは、1970年代に活躍したフォークグループの元リーダー。1973年9月に発売した「神田川」が160万枚を売り上げる大ヒットを記録。その後も「赤ちょうちん」、「妹」などがヒット。グループは解散と再結成を繰り返しながら、長きにわたり活動してきました。

そんな南こうせつさんは、1980年代に地元の九州でオールナイトの野外ライブ「サマー・ピクニック」を毎年開催。多数の観客を動員してきました。そんな伝説の野外ライブを2014年に初めて大阪・万博記念公園で開催しました。



一日の観客動員数:23,000人

■ 南こうせつ・サマーピクニック LOVE&PEACE
日程:2014年9月27日(土)
開場 12:00、開演 14:00、終演 19:00
会場:万博記念公園東の広場

【出演アーティスト】
伊勢正三、さだまさし、松山千春、太田裕美、尾崎亜美、イルカ、槇原敬之、森山良子、大野真澄、杉田二郎、モモイロクローバーz、かまやつひろし

伝説の野外ライブ「サマーピクニック」を5年ぶりに、万博記念公園で復活開催。多くの豪華アーティストがゲスト出演しました。





第3位「大阪を代表するアイドルグループ!」

第3位にランクインしたのは、大阪を代表するアイドルグループ「NMB48」


NMB48-min.png
出典:NMB48公式ホームページ

NMB48は、2010年10月に音楽プロデューサー秋元康のプロデュースによって誕生したアイドルグループ。大阪市・難波にある専用劇場「NMB48劇場」を拠点として活動。グループ名の由来は、大阪を代表する繁華街「NAMBA(なんば)」からきています。

2011年7月にリリースしたシングル「絶滅黒髪少女」が、AKB48の姉妹グループとして初めてオリコンウィークリーチャート1位を獲得。その後もヒット曲を多数リリースしています。


そんな「NMB48」のオープニングメンバー「山本彩(やまもとさやか)」さんの卒業コンサートが万博記念公園で開催。第3位にランクインしました。


一日の観客動員数:30,000人

■SAYAKA SONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか~
日程:2018年10月27日(土)
開場 13:30 開演 16:00 終演 19:00
会場:万博記念公園東の広場
観客動員数:30,000人

NMB48初の野外コンサートで、史上最大規模の観客動員数となりました。


第2位「太陽の塔といえば!!」

第2位にランクインしたのは、日本を代表するアーティスト「DREAMS COME TRUE」。通称「ドリカム」。


ドリカム-min
出典:DREAMS COME TRUE公式ホームページ

1988年に結成されたバンドで、現在はボーカルの吉田美和と、ベースの中村正人の2人で活動しています。(結成当初はキーボードを含めて3人)

1988年に東京都内のライブハウスなどで活動し、1989年3月にリリースした「あなたに会いたくて」とアルバム「DREAMS COME TRUE」でCDデビュー。1990年代も次々とヒット曲を生み出し、1992年にリリースしたアルバム「The Swinging Star」はオリコン市場初の累計300万枚を突破する記録的ヒットとなった。


また、2015年にリリースいsたオールタイム・ベストアルバム「DREAMS COME TRUE BEST!私だけのドリカム」では、累計出荷100万枚を記録。そして同年にはドリカムの大ヒット曲「大阪LOVER」の歌詞にも出てくる万博公園にて、ドリカムが大好きなアーティストを招待した一日限りの野外ライブを開催しました。


一日の観客動員数:35,000人

■ MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園
日程:2015年7月19日(日)
開場 11:00 開演 13:00 終演 19:00
会場:万博記念公園東の広場
観客動員数:35,000人

【出演アーティスト】
DREAMS COME TRUE、E-girls、HY、Little Glee Monster、May J.、三浦大知

■ MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園
日程:2016年7月10日(日)
開場 11:00 開演 13:00 終演 19:30
会場:万博記念公園東の広場
観客動員数:35,000人

【出演アーティスト】
DREAMS COME TRUE、DJダイノジ(大谷ノブ彦)、Little Glee Monster、WINNER、華原朋美、近藤夏子、MACO、K、Ms.OOJA、 NICO Touches the Walls、水樹奈々

万博記念公園での野外ライブは、2015年と2016年に開催。ドリカムが大好きなアーティストがゲスト出演しました。また、2018年3月には太陽の塔内部公開を記念した無料ライブ(抽選で7,000人を動員)も開催しています。






第1位「大阪を代表する音楽デュオ!!」

そして第1位にランクインしたのは、大阪を代表する音楽デュオ「コブクロ」


コブクロ-min
出典:コブクロ公式ホームページ

黒田俊介と小渕健太郎からなるコブクロ。単独で路上ライブをしていた小渕と、ストリートミュージシャンをしていた黒田が堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合したことで、1998年に結成。

ユニット名の「コブクロ」は、小渕(コブチ)と黒田(クロダ)から名付けたそうです。2001年にリリースしたシングル「YELL~エール~/Bell」でメジャーデビュー。オリコン初登場10位、最高で4位となるヒットとなった。その後も数々のヒット曲を生み出し、日本を代表するアーティストとなった。


しかし、2011年に小渕が喉の病気を患い声が出にくくなり、黒田も腰痛の悪化や喉に披露がたまっているとして活動を休止。その後、2012年4月に活動を再開し、同年9月に万博記念公園でフリーライブを開催した。


一日の観客動員数:50,000人

■ FAN'S MADE LIVE@コブクロ
日程:2012年9月9日(日)
開場 13:00、開演 15:00、終演 16:30
会場:万博記念公園東の広場
観客動員数 50,000人

地元、大阪で開催された復活ライブということで多くのファンが詰めかけた。万博記念公園で開催された野外ライブにおいて、最も多くの観客を動員しました。





万博記念公園で開催された野外ライブの観客動員数を基にランキング形式でご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。万博公園では毎年1万~2万人規模の野外ライブが開催されていますので、皆さんも気になるアーティストがいらっしゃいましたら、ぜひ参加してみてはどうでしょう。


万博記念公園駅前に関西最大規模のアリーナ計画が浮上!最新情報をまとめてみた。


関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

スポンサーリンク

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー