FC2ブログ

エキスポシティにある「Inforest すいた」で『北大阪急行フェア』が開催されていますよー


どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。「Enjoy EXPO~エキスポシティ」の管理人'アイスマン'です。

今回は、ららぽーとEXPOCITY1階にある吹田市の情報発信拠点「Inforest すいた」で開催されている『北大阪急行フェア2020』についてご紹介します。




今年で開業50周年!『北大阪急行とは』

2020年2月24日に開業から丸50年を迎える'北大阪急行電鉄'。

北急の愛称でお馴染みの路線は、1970(昭和45)年2月24日、大阪万博への観客輸送のため江坂駅~千里中央駅(仮駅)~万国博中央口駅(臨時駅)間が開業しました。





開業当初から大阪市営地下鉄御堂筋線(現:大阪メトロ御堂筋線)と直通運転を行っており、万博博中央口(現在の万博記念公園中央ゲート前にあった臨時駅)~新大阪駅まで約17分、梅田駅まで24分で結んでいました。


大阪万博に訪れた6421万人のうち、3分の1にあたる2,000~2,400万人がこの路線を利用したといわれています。

ちなみに千里中央駅(仮駅)~万博博中央口駅(臨時駅)の会場線は、中国自動車道の敷地を一時的に借りる形で、万博中央口までの臨時線を敷いたそうです。



「Inforest すいた」で、開業50周年を記念した『北大阪急行フェア2020』が開催中

ららぽーとEXPOCITY1階にある吹田市の情報発信プラザ「Inforest(インフォレスト)すいた」にて、今年で開業50周年を迎える北大阪急行の展示フェアを開催しています。


こちらのイベントは終了しました





期間:2020年2月1日(土)~2月29日(土)
時間:10:00~21:00
場所:ららぽーとEXPOCITY1階グリーンサイド側、吹田市情報発信プラザ「Inforest すいた」







「Inforest すいた」の入口付近には、電車パネルと子供用の制服が置かれていました。



お子さまは制服を着用して、記念撮影できるようになっています。

これは電車好きのお子さまは喜びそうですね!


重要】2月20日追記
新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大防止のため、制服の貸し出しは中止となりました。




こちらは大人の方必見の「北大阪急行電鉄の歴史が分かるパネル掲示」。



北急の建設風景や開業前の千里中央駅・桃山台駅など、今では貴重な写真の数々が展示されています。

以前に当ブログでご紹介した「幻の鉄道駅・万博博中央口」の写真も展示されています。鉄道にあまり興味がないという方も、昔の風景を見ながら楽しめる展示となっています。






こちらは営業開始当時の「緑地公園駅」駅名看板。



緑地公園駅は北大阪急行開業から5年後の1975年3月に開業した駅です。

北大阪急行電鉄が開業した当時には、駅構造物は完成していたそうですが、周辺の区画整理の進捗状況に合わせて開業時期が5年後になったそう。




こちらは開業当時の切符だそうです。



当時は万博博中央口~新大阪まで100円だったそうです。


ご紹介したもの以外に、北急開業当時の貴重な資料が多数展示されています。ぜひ皆さんも足を運んでみてください。



鉄道雑誌のオススメ!


関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー