FC2ブログ

万博記念公園駅の可動式ホーム柵が使用開始!これ結構壮観です…


どうも!皆さんこんにちは。こんばんは。「Enjoy EXPO~エキスポシティ」の管理人'アイスマン'です。

今日は大阪モノレール「万博記念公園駅」で設置が進められてきた'可動式ホーム柵'が使用開始したという話題をご紹介します。




ホームドアがついにお目見え!万博記念公園駅で設置作業が本格化しています。



万博記念公園駅の可動式ホーム柵が使用を開始しました!

2018年6月に発生した大阪北部地震をきっかけに、大阪モノレールでは急ピッチで、可動式ホーム柵の整備が進められています。

地震時に乗客がホームから転落する可能性を指摘されたほか、モノレールは軌道下からホームまでの高低差が大きく、軌道側面には電車線があるなどの安全面を理由に、2022年度末までに全18駅に可動式ホーム柵を設置することを決定。

利用者が多い駅を先行する形で、設置が進められています。

設置済の駅 稼働開始日
■千里中央駅 2019年3月21日
■門真市駅 2019年9月14日
■南茨木駅 2019年9月28日
■彩都西駅 2019年11月16日
■蛍池駅 2019年12月7日
■万博記念公園駅 2020年1月18日
■大阪空港駅 2020年2月8日(予定)
■山田駅 2020年2月22日(予定)



万博記念公園駅は2020年1月18日(土)の始発から使用が開始されました!




全ホームに設置!まさに壮観!

万博記念公園駅のホームは2面3線と、大阪モノレール全18駅の中で最大の駅。

設置には時間を要するかと思われましたが、他の駅と同様に3ヶ月弱で設置が完了しました。




まずは1番線「門真市方面」と2番線「彩都西方面」に設置された可動式ホーム柵です。

最近は他の駅でも目にする機会が増えたホームドア。あまり珍しくはなくなりましたが、やはり設置されていると安心感があります。


特に万博記念公園駅は、ガンバ大阪の試合開催日や、万博公園でのイベント開催時は大変混雑しますので尚更です。






1番線「門真市方面」の可動式ホーム柵。当たり前ですが、モノレールがいないときはドアは閉じています。







続いては2番線「彩都西方面」の可動式ホーム柵。







次は3番線「彩都西方面」と4番線「大阪空港方面」に設置された可動式ホーム柵。


もっと圧迫感があるのかと思っていましたが、ホーム柵の一部分が透明になっているためか、あまり圧迫感は感じません。






3番線「彩都西方面」の可動式ホーム柵。







4番線「大阪空港方面」の可動式ホーム柵。





最後は1番ホームから見た可動式ホーム柵の様子です。



ずらっと並んだホームドアが壮観です。


関西でも徐々に設置が進めてられているホームドアですが、1つの駅にこれだけ設置されている場所は、まだまだ珍しいのではないでしょうか。



最後までご覧頂き、ありがとうございました。
関連記事

スポンサードリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

検索フォーム

スポンサードリンク

人気記事ランキング

関連コンテンツ

カテゴリ

プロフィール

アイスマン

アイスマン
エキスポシティにある各施設の魅力や体験談、イベント情報、新店舗や閉店情報などを中心にご紹介しています。隣接する万博公園の情報も発信中!万博公園エリアの情報発信サイトです。

2015年1月、大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPOCITY」の建設状況を紹介するサイト「エキスポシティを徹底取材するブログ」を開設。その後、サイト名を「Enjoy EXPO~エキスポシティ」に変更。現在はEXPOCITYや万博記念公園の最新情報を発信しています。

好きなもの:街歩き・写真・アイス
興味のあるもの:都市開発/商業施設

お問合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プライバシーポリシー