FC2ブログ

記事一覧

最安220円!梅田からエキスポシティまで行く方法。運賃・所要時間・わかりやすさで徹底比較!

当ブログには、エキスポシティに関する多くの質問が日々寄せられていますが、その中でも多い質問が「大阪駅(梅田)からエキスポシティまではどのように行けばいいですか。オススメを教えてください。」といった内容です。



ということで今回は「大阪駅(梅田)」からエキスポシティ(万博記念公園駅)」までの主なアクセスルートを、「運賃・所要時間・わかりやすさ」の3つの指標を使い、ご紹介していきます。


エキスポシティの全体画像-min

まず、大阪駅(梅田)からエキスポシティに行くには「主に3つの方法」があります。


①鉄道のみを使ったアクセス

鉄道のみを使って大阪駅(梅田)からエキスポシティまで行くことができます。メリットは、誰でも簡単にアクセスでき、鉄道は運行本数が多いという点です。そのため、自分の都合に合わせた時間に行くことができます。
 デメリットは、大阪駅(梅田)からエキスポシティまでは複数のアクセスルートがあり、どれも必ず1回は乗り換えを伴うという点です。ただし、初めて利用する人でも乗り換えがわかりやすい駅が多いので、この点は特に心配しなくても大丈夫です。



②鉄道とバスを使ったアクセス

鉄道とバスを使って大阪駅(梅田)からエキスポシティまで行くこともできます。こちらのメリットは、運賃が安くアクセスできるという点です。平日限定という縛りはありますが、最安220円でアクセスすることも可能です。
 デメリットは、バスの運行日が限定されるという点と、バスの運行本数が少なく、また運行時間帯も限られるという点です。こちらはデメリットの方が多いですが、とにかく安く済ませたいという方にオススメのアクセスルートになります。



③バスのみを使ったアクセス

バスのみを使って大阪駅(梅田)からエキスポシティまで行くこともできます。メリットは乗り換えが一切ないという点です。直通バスなので乗り換えがなく、遠方から来た人にオススメのアクセスルートになります。

 デメリットは、直通バスは土日祝しか運行していないという点です。(年末年始やお盆などは運行している日も有り)平日はこのアクセスルートは自然と選択種から外れることになります。








鉄道のみを使ったアクセス

まずご紹介するのは「鉄道のみを使ったアクセス」になります。大阪駅(梅田)からエキスポシティのある「万博記念公園駅」を目指すルートになります。今回はその中でもオススメの3つのルートをご紹介します。

梅田ーエキスポシティの主なアクセスルート図-min


①梅田ー千里中央ー万博記念公園

一つ目にご紹介するのは、大阪メトロ御堂筋線の梅田駅から相互直通運転をしている北大阪急行線の千里中央駅を目指し、千里中央駅で大阪モノレールに乗り換えて、万博記念公園駅(エキスポシティ)を目指すルート。

このルートは最も多くの人が使っているルートになります。メリットは、とにかくわかりやすいという点。千里中央での乗り換えも簡単で、大阪メトロの本数も多いことが人気の理由です。デメリットは、他のアクセスルートに比べ、料金がやや割高な点。大阪メトロと北大阪急行線は相互直通運転を行っていますが、両社に運賃を支払う必要があるため、少しだけ割高となります。




②梅田ー山田ー万博記念公園

二つ目にご紹介するのは、阪急梅田駅から京都線及び千里線に乗車し、山田駅で大阪モノレールに乗り換えて、万博記念公園駅を目指すルート。

このルートも人気があるルートのひとつです。メリットは、鉄道のみを使ったアクセスの中では運賃が最も安いという点。また、山田駅での乗り換えも簡単なので、初めてという方にも安心できるルートになります。デメリットは、阪急千里線の運行本数がやや少なく、各停(普通)しか列車の運行種別がないので、体感的にも少し遅く感じるという点。初めて利用するという方は、阪急梅田駅で北千里行きの普通(各停)に乗ることをオススメしますが、途中で速達列車(特急や準急)の退避待ちで待たされることも。



③梅田ー南茨木ー万博記念公園

三つ目にご紹介するのは、阪急梅田駅から阪急京都線の乗車し、南茨木駅で大阪モノレールに乗り換えて、万博記念公園駅を目指すルート。


このルートを使っている人は少ないですが、個人的に一番オススメするルートになります。メリットは、運行本数が比較的多く、乗り換えもわかりやすいという点。また、運賃も比較的安いので、目立ったデメリットがないというのも魅力的です。




アクセスルート運賃
(片道)
所要時間わかりやすさ
梅田→
千里中央→万博
620円約30分★★★
梅田→
山田→万博
470円約40分★★
梅田→
南茨木→万博
520円約30分★★

※運賃は大人一人片道
※所要時間は乗り換え時間も考慮
※わかりやすさは「★」が多ければ良し







鉄道とバスを使ったアクセス

次にご紹介するのは、「鉄道とバスを使ったアクセスルート」になります。今回はオススメの2つのルートをご紹介します。

IMG_5637-min.jpg

①JR大阪駅ー千里丘駅ー(無料バス)ー万博

まずご紹介するのは、JR大阪駅からJR京都線に乗車し、千里丘駅で下車。千里丘駅から無料シャトルバスでエキスポシティ行くというルートになります。このルートのメリットは、なんといっても片道たったの220円で行けるという点。これが大阪駅(梅田)からエキスポシティへ、最安値で行けるルートになります。

ただし、デメリットも大きく、このアクセスルートは平日しか使えません。というのも無料シャトルバスが平日しか運行しておらず、さらに運行本数も少ないという欠点があります。(無料シャトルバスの運行は2019年9月30日まで)とにかく安く行きたいという方にはオススメです。


>>無料シャトルバスについてはこちら<<





②JR大阪駅ー茨木駅ー(路線バス)-万博

次にご紹介するのは、JR大阪駅からJR京都線に乗車し、茨木駅で下車。茨木駅から路線バスを使ってエキスポシティに行くというルートになります。このルートのメリットは、鉄道もバスも運行本数が多く、運賃も安い点になります。

デメリットは、茨木駅を発着している路線バスが「土日祝」しか運行していないという点。また、バス乗り場までがやや遠く、階段を使う必要があるため、大きな荷物を持っている人にはオススメできません。


>>路線バスについてはこちら<<


アクセスルート運賃
(片道)
所要時間わかりやすさ
JR大阪駅→
千里丘→万博
※無料バス利用
220円約30分★★
JR大阪駅→
茨木→万博
※路線バス利用
440円約40分★★

※運賃は大人一人片道
※所要時間は乗り換え時間も考慮
※わかりやすさは「★」が多ければ良し






バスのみを使ったアクセス

最後は「バスのみを使ったアクセスルート」になります。

バス-min
出典 http://www.lalaport-expocity.com/special/1609umedabus/index.pdf



このアクセスルートは一つしかなく、阪急梅田駅(阪急三番街高速バス乗り場)からエキスポシティ行きの直通のバスに乗車し、そのままエキスポシティを目指するルートになります。メリットは、なんといっても乗り換えが一切ないという点。そのままバスに乗車しているだけでエキスポシティまで運んでくれます。大きな荷物を持った方や、遠方から来た方に最もオススメしたいアクセスルートになります。

デメリットは、土日祝しか直通バスが運行していないという点。また、運行本数がやや少ないという点もあります。乗車する前に時刻表などを確認しておきましょう。



>>直通バスについてはこちら<<


アクセスルート運賃
(片道)
所要時間わかりやすさ
阪急梅田→
エキスポシティ
※直通バス利用
640円約40分★★★

※運賃は大人一人片道
※所要時間は乗り換え時間も考慮
※わかりやすさは「★」が多ければ良し






主なアクセスルートをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。自分に合ったアクセスルートを探し、ぜひエキスポシティを満喫してください!



スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報



















万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み