FC2ブログ

記事一覧

ニフレルの新しいアイドル!ミニカバの赤ちゃんが3月12日から時間限定で公開スタート!

 エキスポシティを代表する人気施設「NIFREL(ニフレル)」。‘生きているミュージアム‘がコンセプトの同施設は、水族館・動物園・美術館の要素を併せ持つ、今までにない新感覚ミュージアムとして、今なお多くの人で賑わっています。そんな「NIFREL(ニフレル)」の‘みずべにふれるゾーン‘の人気者ミニカバの「モトモト♂」と「フルフル♀」の間に赤ちゃんが誕生したというニュースを先日ご紹介しましが、ついにその赤ちゃんの一般公開が始まるということなのでご紹介したいと思います。


IMG_6445-min.jpg


ニフレルとは
大阪の人気水族館「海遊館」が初プロデュースする「ニフレル」は、今までにない水族館・動物園・美術館の要素を兼ね備えた施設として、子供から大人まで、「見て・触れて・感じて」あらゆる人の感性を刺激し豊かにしてくれる新感覚ミュージアム。今までの水族館にはない展示方法や生きものたちの見せ方などが話題となっています。

営業時間
10:00~20:00(最終入場19:00)

チケット料金
大人 2,000円
小中学生 1,000円
幼児(3歳以上) 600円
※3歳以下は無料



ニフレルの新アイドル!ミニカバの赤ちゃん

ニフレルの人気者ミニカバの「モトモト♂」と「フルフル♂」。そもそもミニカバは西アフリカ(ギニア・コートジボワールなど)の限られた地域にしか生息しない貴重種で、正式名称は‘コビトカバ‘と呼ばれています。人間の乱獲などにより個体数が激減したため、現在はワシントン条約で保護されており全世界でもおよそ2000~2500頭しか生息していません。国内では6施設、13頭のみ飼育されています。ニフレルには開業当初からいるオスの「モトモト」、2017年5月にシンガポールからやってきたメスの「フルフル」が飼育されています。そんな二匹は少しずつお見合いを重ね、愛を育み、そして昨日(2月21日)待望の赤ちゃんが誕生しました!


モトモト(♂)プロフィール
《性 別》オス
《体 重》推定250kg
《誕生日》2013年7月9日(4歳)
《出生地》ブイン動物園(チリ)
《特 徴》人懐っこい性格で、キュレーターに首元を撫でられるのが好き。好きな食べ物はニンジンとレタス。他にもリンゴ、バナナ、サツマイモやカボチャ、イネ科の生草や草食獣用配合飼料を食べている。コルクやヘチマなど噛んで遊べるおもちゃがお気に入り。日中は砂場でお昼寝をしていることも多く、夕方以降は水中で過す時間が長い。魚が身体をクリーニングすると、うっとりして横たわってしまうこともある。「モトモト」の名はブイン動物園にて、映画のカバのキャラクターにちなんで付けられた。



フルフル(♀)プロフィール
《性 別》メス
《体 重》推定200kg
《誕生日》2012年12月17日(5歳)
《出生地》シンガポール動物園
《搬入日》2017年4月28日
《特 徴》好奇心旺盛で、搬入直後から担当キュレーターに近寄ってくるなど人懐っこい。サツマイモやニンジン、レタスのほか、リンゴやバナナなどの果物、イネ科の生草を与えているが、好き嫌いがなく、何でもよく食べる。「フルフル」の名はニフレルで一般募集の結果、女の子らしい響きのかわいらしさと親しみやすさ、また耳や尻尾を振る仕草の愛らしさ、さらにニフレルのフとルが含まれており、ニフレルで元気に暮らしてほしいという願いから名付けられた。



そんな国内でも超貴重なミニカバの赤ちゃんの生まれた次の日に撮影された様子がこちら


ミニカバ-min
出典 ニフレル公式Twitterより


超かわいいですね!
お母さんのフルフルに寄り添う姿がまた愛らしいです。






そして生まれてから2週間経った様子がこちら


ミニカバの赤ちゃん-min

すくすく成長していることがわかりますね。公式ホームページによると

現在、赤ちゃんはスクスク育っており、シワが取れて体全体が丸みを帯び、赤ちゃんらしさがでてきています。「フルフル」の後ろを追いかけたり、また「フルフル」の食べている干草にも興味がでてきたようです。温水プールがお気に入りで、顔を水中に付けて潜ったりもはじめています。ーニフレル公式ホームページよりー

とのことです。




一般公開は3月12日(火)から!

ニフレルでは、お母さんが落ち着いて子育てができるよう、展示エリアはガラスをシートで目隠しした状態になっていました。生後2週間が経過し、赤ちゃんが順調に育っていることから、3月12日(火)よりシートに直径10cmの覗き窓(13箇所)を開け、10時から15時までの間、親子の様子を直接みることができるようになります。


ミニカバ1-min
出典 https://www.nifrel.jp/archives/news/2019/03/08/3713


→一般公開:3月12日(火) 公開時間:10:00~15:00


そして成長状況をみて、3月25日からは完全に目隠しを外して、より間近でミニカバの赤ちゃんが見られるようになる予定とのこと。





愛称の募集もスタート!

一般公開が始まる3月12日(火)より、今回生まれたミニカバの赤ちゃんの愛称の募集もスタートします。募集するにはニフレルを訪れる必要がありますが、命名者には特別なプレゼントが用意されています。ステキな名前を考えつかれた方は、ぜひ応募してみてください。

募集期間:3月12日(火)~3月31日(日)
結果発表:4月13日(土)
応募方法:ニフレル館内2階にある「ニフレルメイクス」内に設置された投票箱に、専用の投票用紙に愛称や必要事項を記入して投函していください。
選考方法:ニフレル館長とミニカバ担当キュレーター(飼育員)が、応募の中から選考します。
プレゼント:①命名者の中から抽選で3名様に、4月13日(土)に開催する命名発表セレモニーにご招待。「フルフル」へのエサやり体験とともに、赤ちゃんのすぐ目の前まで大接近していただけます。
      ②命名者の中から抽選で5名様にミニカバグッズのセット(5000円相当)をプレゼント。
      ③応募者全員の中から抽選で30名様にミニカバコースターをプレゼント。







今なら期間限定でポストカードがもらえる!

ニフレルでは一般公開が始まる、3月12日(火)から4月7日(日)までの毎日、ニフレルに入館した方、先着1,000名にミニカバの赤ちゃんを印刷したオリジナルポストカードをプレゼントする企画を実施します。

ミニカバ2-min
出典 https://www.nifrel.jp/archives/news/2019/03/08/3713




今春は新エリアも誕生し、話題が満載なニフレル。ぜひ皆さんもミニカバの赤ちゃんをご覧になられてみてはいかがでしょうか。


>>3月1日(金)新エリア「かくれるにふれる」誕生!


スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報



















万博公園イベント情報


関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み