記事一覧

開業1ヶ月が経過した【ルクア1100】の結果は?

      ルクア1100

2015年4月2日にグランドオープンを迎えた【ルクア1100】ですが、ずばり売上はどうだったのでしょうか。JR大阪三越伊勢丹の事実上の撤退から、専門店と百貨店を合わせた新しい商業施設としてオープンして早1ヶ月が経過しました。先日、産経新聞でその内容が報じられたので少し見てみましょう。





「ルクア 1100(イーレ)」の来館、売上高が目標超え

JR大阪駅ビルで4月2日にオープンした商業施設「ルクア 1100(イーレ)」を運営するJR西日本SC開発は1日、イーレと隣接する専門店街「ルクア」を合わせた4月の来館者が約720万人、売上高が約66億円だったと発表した。

JR西日本SC開発は両施設を合わせた「ルクアosaka」として、年間の来館者は7千万人、売上高は770億円を目指す。1カ月平均では来館者は約583万人、売上高は約64億円の計算となり、4月はいずれも目標を上回った。

イーレは販売不振が続いた百貨店「JR大阪三越伊勢丹」を全面的に改修し、百貨店の売り場を大きく減らして専門店を導入。百貨店と専門店の融合をアピールしながら、ルクアとの一体運営で巻き返しを狙っている。

イーレとルクアの4月の来館者数は、三越伊勢丹とルクアの前年同月に比べ約6割増、売上高は約5割増だった。JR西日本SC開発の担当者は「イーレとルクアで相乗効果が出て、業績は好調に推移している」と話した。




とのことです。
ズバリこの1ヶ月結果は
来館者数 720万人 売上 約66億円
(ルクア + ルクアイーレ)

年間来館者数の目標は7000万人ですから、12で割ると1か月あたり約583万人年間売上目標は770億円ですので、12で割ると1か月あたり約64億円。なので最初の1か月は目標をクリアしたことになります!

ただ!


前回の記事で述べたように、大体ですが開業1か月の売上×9ぐらいが年間売上になります。近隣の商業施設で見ても、【グランフロント大阪】では開業1か月の売上は約50億円で年間は436億円でした。(2013/4/26~2014/3/31)そしてルクア単体では開業1か月で約41億円で年間は約370億円でした。(2011/5/4~2012/5/3)

グランフロント大阪】は
開業1か月の売上 × 約8.7 = 年間の売上


【ルクア】は
開業1か月の売上 × 約9.0 = 年間の売上



大体開業1か月の売上×9をすると年間の売上になることがわかると思います。もちろん多少のズレは生じてくるとは思いますが、大体この式にあてはまるのです。

これで【ルクア+ルクアイーレ】を当てはめてみると

開業1か月の売上 約66億 × 9 = 約594億円


なかなか厳しい数字が出てきます。


ただ!

先ほど例に出した【グランフロント大阪】【ルクア】はどちらもGWに開業しています。この時期は集客力も抜群ですし、売上も大きく上がります。なので単純比較はできないのです。また【ルクアイーレ】には遅れて4月27日に開業した【ウルフギャングステーキ】や5月8日に開業する【梅田蔦屋書店】が控えています。この蔦屋書店が大きな集客装置になることは間違いないので、まだまだこれからの状況を見て判断しないとわからない状態です。蔦屋書店が開業すると男性客の来館が大きく伸びることが予想されますので、連動して8階のメンズ衣料品売場も動きやすくなります。まだまだこれからの【ルクアイーレ】。ぜひとも開業1か月の売上×9=年間の売上という方程式を覆していただきたいと思っています。




梅田のバイト情報満載!マイナビバイト

     

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報















万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み