記事一覧

エキスポシティの観覧車は3代目だった!?知られざる観覧車の歴史


間もなくグランドオープンを迎えるエキスポシティの観覧車「REHORSE OSAKA WHEEL」。全高123mの高さ日本一の大観覧車で、完成すればその高さは世界でも5番目となる予定です。今大変注目されているエキスポシティの観覧車ですが、実は‘この地‘にはかつて‘2つ‘の観覧車があったことを皆さんはご存知でしょうか。


エキスポシティ観覧車-min (1)


●初代観覧車(1970~1986)
「ワンダーホイール」

ワンダーホイール-min
出典 http://blogs.yahoo.co.jp/kanemaru1967/62086919.html

1970年に大阪・千里で開催された「日本万国博覧会」のエキスポランド(現エキスポシティ)に設置された観覧車。高さは約40mで、ゴンドラ数は全24基でした。1986年に2代目の観覧車「テクノスター」と交代する形で撤去解体されました。


大阪万博-min

少し画像が荒いですが、万博記念公園内に掲示されていた大阪万博開催時(1970年)の空撮写真です。写真奥に見えるのが当時の「エキスポランド(現エキスポシティ)」です。赤丸で囲った場所に初代観覧車「ワンダーホイール」が写っています。設置場所は今でいうと「ららぽーとEXPOCITY」の光の広場あたりでしょうか。



●2代目観覧車(1986~2009)
「テクノスター」


テクノスター-min
出典 http://blog.osakanight.com/article/eid315.html

1985年に茨城県筑波で開催された「国際科学技術博覧会」のテクノスコスモス館の一部として建設された観覧車。高さは約85mで、ゴンドラは全48基。博覧会閉幕後にエキスポランドへ移設されたが、エキスポランド閉園に伴い2009年に解体されました。2代目の観覧車「テクノスター」は万博外周道路に面する場所に設置されていました。今でいうとエキスポシティの平面駐車場「B」と「C」の中間ぐらいでしょうか。



●3代目観覧車(2016~)
「オオサカホイール」

観覧車-min

エキスポシティのランドマークとして建設された全高123mの日本一高い観覧車。ゴンドラは全72基で国内で最も多い。



こうやってエキスポランド時代から観覧車の歴史を見てみると非常に面白いですね。観覧車が同じ場所に3つも建設されたのは、世界中をみてもここエキスポシティ(旧エキスポランド)だけではないでしょうか。観覧車の高さは時代を追うごとに高くなっており(40m→85m→123m)、ゴンドラ数は不思議なことに(24基→48基→72基)と24基ずつ増えています。また同じ敷地内とはいえ、建設場所が異なるという点も興味深いですね。




太陽の塔-min

46年間にも及ぶ観覧車の歴史をじっと眺めてきた「太陽の塔」。いったいどんな思いでその様子を眺めてきたのでしょうか。



スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報













万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み