記事一覧

イオンモール堺鉄砲町に行ってきました!part2


大阪府堺市堺区の南海本線「七道駅」前に誕生した、全160店舗からなる大型ショッピングモール「イオンモール堺鉄砲町」。3月15日~18日のプレオープンを経て、3月19日(土)にグランドオープンした「イオンモール堺鉄砲町」の様子をご紹介したいと思います。





施設概要

■施設名称* イオンモール堺鉄砲町
■所在地** 大阪府堺市堺区鉄砲町1番地
■敷地面積* 約102,000㎡
■延床面積* 約135,000㎡
■総賃貸面積 約56,000㎡
■店舗数** 約160店舗
■建物構造* 地上4階、塔屋1階
■駐車台数* 約2,600台
■駐輪台数* 約2,600台
■開店日** 2016年3月19日(土)9:00
■営業時間* 専門店10:00~22:00、レストラン街10:00~22:00、イオンスタイル堺鉄砲町 1F食品売場 9:00~23:00、1F食品売場以外・2F・3F 10:00~22:00
■従業員数* 約2,500名
■公式HP http://sakaiteppocho-aeonmall.com/


テナント情報・アクセス情報はこちら

イオンモール堺鉄砲町に行ってきました!part1




今回はイオンモール内部の様子を少しだけご紹介します。


にぎわいカジュアルモール

イオンモール堺鉄砲町のコンセプトでもある「にぎわいカジュアルモール」。このコンセプトに基づき、イオンモール堺鉄砲町は”カジュアル感”を、全面に押し出したショッピングモールとなっています。ファッションではカジュアルを特に重視し、H&M、ユニクロ、オールドネイビーの大型店などを筆頭に、カジュアルブランドが数多く出店しています。


H&Mの大型店


また明治に建てられた赤レンガの建物を外部棟として残し、レストランとて活用するなど地域性も打ち出しています。



イタリア料理店「カプリチョーザ」が入る「堺鉄砲町赤レンガ館」。




館内には地域住民のさまざな催しにも利用できる「イオンホール」を設置。





地元で愛され続けている書店「天牛堺書店」の大型店も入っている。



食関連のテナントが充実

イオンモール堺鉄砲町は、近年展開しているSCの中では小ぶりの部類に入りますが、食関連のテナントが4分の1を占め、”食”を重視したテナント構成となっています。




全1,000席以上あるフードコート「フードテラス」。







大阪初出店のテナントも多いレストラン街。




体験型のショップも充実!




ゲームセンター「ソユーゲームフィールド」。店内では「工場と遊園地」など話題の作品を次々に発信する“デジタルスタジオWOW”のアート作品をアレンジした“フーセン工場”を導入。映像に映る風船が見せるさまざまなアクションを楽しんだりできる、体験型のインタラクティブエンターテイメントが登場。





イオンモール堺北花田との差別化


東に約2キロの場所に「イオンモール堺北花田」があるが、こちらは上質化を追求、「イオンモール堺鉄砲町」はカジュアル感を追求し、互いにすみ分けを行っています。今後は両施設とも共同販促などを用いて、相乗効果も追求していくとのことです。




よりカジュアル感を追求した「イオンスタイル」。


ほかにも見所満載の「イオンモール堺鉄砲町」。ぜひ一度訪れてみてください!


フォロワー募集中
当ブログでは情報発信ツールとして「Twitter」を主に活用しています。ブログ更新情報の他、エキスポシティの最新情報をご紹介しています。ぜひお気軽にフォローしてしてください。

エキスポシティを徹底取材するブログアカウント





スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報





万博公園イベント情報




関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み