記事一覧

ららぽーとEXPOCITYの「ツタヤブックストア」が凄い!

全305店舗からなるEXPOCITY(エキスポシティ)の中核施設「ららぽーとEXPOCITY」。今回ご紹介するのはそんな「ららぽーとEXPOCITY」内にある大型書店「TSUTAYA BOOK STORE(ツタヤブックストア)」。あの大手レンタルショップの「TSUTAYA」が手掛ける書店を今回は調査してきましたのでご紹介します!


124-min.jpg

売場面積 約800坪
蔵書数 約30万冊
取扱い 本・コミック・CD・DVD・ブルーレイ・文具・雑貨



とにかく大きい!
大型書店というだけあってとにかく広いです!売場の広さは約800坪・蔵書数は約30万冊を誇り、北摂地域、吹田市最大の大型書店になります。


文具・雑貨が豊富!
店内には本だけではなく、さまざまな文具や雑貨も陳列されています。ペンやクリアファイルなどの文房具類から、スマートフォンケースや生活雑貨に至るまで、さまざまな物が販売されています。


特徴的な店内!
店内はジャンルごとに部屋のようなブースが用意されています。例えば「料理」のブースなら料理本はもちろん、鍋や調味料など料理に関連するものが一緒に販売されています。
ツタヤ

カメラのキタムラを併設!
店内にはカメラのキタムラを併設しており、カメラの販売や現像などのサービスを行っています。


日本最大級のスタバ!
「TSUTAYA BOOK  STORE(ツタヤブックストア)」ではカフェの「スターバックスコーヒー」を併設。全150席以上からなる日本最大級のスターバックスコーヒーで、コーヒーを飲みながら好きな本を読める空間になっています。最近はカフェ併設の書店は珍しくなくなってきましたが、ここまで大きなカフェを併設した店舗は類がなく、席が確保しやすいのもこの店舗も魅力です。


125-min.jpg 

梅田蔦屋書店との違い
この春大阪駅北側の商業施設「ルクアイーレ」にオープンし話題となった「梅田蔦屋書店」。同じく「TSUTAYA」が手掛ける書店で関西初出店ということで話題となりました!ではこの「蔦屋書店」と「TSUTAYA BOOK STORE」はどう違うのでしょうか。簡単にいうと

「蔦屋書店」
大人向け

「TSUTAYA BOOKSTORE」
家族向け

「蔦屋書店」はビジネスマンなど大人を主にターゲットとしている一方で、「ツタヤブックストア」はファミリー層をターゲットとしています。内装にもその違いが現れており、若干照明を落とし大人な雰囲気を演出している「蔦屋書店」に対し、「ツタヤブックストア」は照明は明るめ、またファミリー向けということで児童書などの品揃えも豊富です。


梅田蔦屋書店は「本が探しにくい」や「いつ行ってもカフェは満席」といった声をよく聞きます。ららぽーとEXPOCITYの「ツタヤブックストア」はそれらの課題をクリアした店舗という感じで、本は非常に探しやすく、カフェ以外にも店内の至るところにイスが設置されています。


そんな本屋・文房具・雑貨・カフェの融合した次世代の「ツタヤブックストア」はオススメの店舗のひとつです。




EXPOCITY(エキスポシティ)の情報をいち早くお届けするために、このブログではTwitterを開設し活用しています。ぜひお気軽にフォローしてください(^.^)

>>
2015年秋開業!エキスポシティを徹底取材するブログ!アカウント<<


スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報















万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み