記事一覧

EXPOCITY(エキスポシティ)開業を控え「JR茨木駅」西口バス停がバリアフリー化へ!


EXPOCITY(エキスポシティ)の広域アクセス拠点
⇒EXPOCITY(エキスポシティ)の重要アクセス拠点でもある「JR茨木駅」。EXPOCITY(エキスポシティ)は、大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩2分とアクセスには優れています。ただ、広域からの集客を想定している施設としては、モノレールが担える輸送力には限りがあるというのが現状です。特にモノレールはJRとの接続駅がなく、JR沿線からの集客には課題があります。そこでEXPOCITY(エキスポシティ)に最も近いJRの駅が「茨木駅」になるのですが、EXPOCITY(エキスポシティ)までは直線距離で約2.4キロ・徒歩だと30分近くかかってしまうのが現状です。






012_20151001142407e36.jpg



現状のEXPOCITY(エキスポシティ)へのバス路線は?
そこで茨木駅からの集客を左右するのがバス路線になります。現在も茨木駅から万博記念公園行きのバスは「阪急バス」によって運行されているものの、その本数は非常に少ないのが現状。現時点で平日は運行されておらず、休日の昼間に2本のみの運行となっています。(ほとんどないに等しいですね(^_^.))そんなバス路線ですが、EXPOCITY(エキスポシティ)開業により大きな需要が見込まれることから、本数の増発などの検討を行っている段階になります。









茨木駅西口バスターミナルが生まれ変わる!?
⇒そして先日茨木市の市議会議員からの情報によると、EXPOCITY(エキスポシティ)開業を控え、茨木駅西口バスターミナルがバリアフリー化するという情報をつかみました!






013_20151001142907e55.jpg


現在の茨木駅西口バスターミナルは、1970年に開催された大阪万博の重要アクセス拠点として整備されました。当時はもちろんバリアフリーなんてコトバは存在せず、現状のバスターミナルは上記の写真のように、階段を使ってバス停まで降りるしか方法がなく、大きな課題を抱えています。




そこでEXPOCITY(エキスポシティ)開業により利用者が増えることが予想されることから、茨木駅西口バスターミナルがこの度、バリアフリー化されることが決定したようです!EXPOCITY(エキスポシティ)が開業する11月中旬頃までを目途に工事が行われる予定で、今月にも着工されるとのことです。では一体どのように生まれ変わるのでしょうか。









それがこちら!


茨木駅バス停


バリアフリー化後の茨木駅西口バスターミナルの様子です。赤枠で囲ってあるのが「バス乗場」。青枠で囲ってあるのが「バス待機場」になります。茨木駅から続く空中デッキを使っていく現状のバス乗場は、イズミヤ周辺のバス乗場を除いて、主に「バス待機場」になる予定です。そして新たに地上部分にある、現在は一般車が使っている乗降場に「バス乗場」を新設するようです。この場所にバス乗場を新設することによって、茨木駅西口にある既存のエレベーターを使って、バス乗場に行くことができるようになるため、バリアフリー化されるというわけです。









「無料シャトルバスについて」
⇒そしてEXPOCITY(エキスポシティ)に向かうバス路線も、この新設されたバス乗場のどこかに設置されると思われます。可能性としては、現在運行されている「万博記念公園」行きの路線を、大幅に増発するのではないかと思われます。そしてよくご質問を受ける「無料シャトルバス」の運行についてですが、全国にある「ららぽーと」で今も無料のシャトルバスが運行されているのは「ららぽーとTOKYO-BAY」と「ららぽーと横浜」になります。どちらも最寄の駅が約500m~800mという距離で運行されているのですが、茨木駅からEXPOCITY(エキスポシティ)までは、直線距離で約2.4キロという距離があり、既存のバス路線があることから、無料のシャトルバスの設置可能性は低そうです。








「他にバス路線は?」
⇒またこの他にも、JR吹田駅から万博記念公園まで運行されている「阪急バス」の路線や、他の駅からの新規バス路線の新設など、今後の動向が気になるところです。EXPOCITY(エキスポシティ)の広域協議会には「阪急バス」の他、「近鉄バス」も参加しているため、今後「近鉄バス」からの新規路線の発表がある可能性もあります。






今後情報が入り次第ご紹介したいと思います。





EXPOCITY(エキスポシティ)の情報をいち早くお届けするために、このブログではTwitterを開設し活用しています。ぜひお気軽にフォローしてください(^.^)

>>
2015年秋開業!エキスポシティを徹底取材するブログ!アカウント<<



スポンサードリンク

コメント

山田樫切山バス停

エキスポシティ情報、ありがとうございます!

エキスポシティへのバスですが、JR茨木駅からもっとあるのかと思ってました。
だとしたら、阪急バスの「山田樫切山」バス停を使う手はどうですか?
このバス停だと12番(JR吹田-千里中央)18番(JR岸辺駅北口-千里中央)路線が使えて、まだ本数がありますよ。
もっとも、万博外周道路が渋滞して周辺道路に影響がでるようなことになると、定時運行に影響がでるかもしれませんが、それでも万博外周道路に入らない分良いかもです。

No title

風の谷さん
確かにいい考えですね。
だけど歩く距離が長い気がするんですけど...。
(変なところを指摘してすいません。)

ですねぇ(^_^)

そうなんですよ、ちょっと歩かないと・・・・・・。でも、帰り専用に使うとか。そうすれば下り坂だし(^_^)
JR茨木駅から増便されたとしても、万博外周道路が渋滞してしまったら役に立たないですし、「隠し球」としてね。
あと、吹田市が路線バスのない青葉丘周辺を巡回させている「すいすいバス」ももしかしたら使えるかも?(これも歩かないとダメでしょうけど)

知り合いのモノレール関係者さんに聞いても「モノレールの増発は絶対に無理」ってことだし、バスが頼りになると思うんですけど・・・・・・・

No title

風の谷さん
なるほどそういう風に使うという手段でやれば楽なんでしょうね。

Re: 山田樫切山バス停

>>風の谷さん
JR茨木駅からのバスですが、おそらく既存の阪急バスの路線を15分間隔ぐらいで運行するのではないかと見ています。あくまでも他の大型商業施設を参考に私が考えたダイヤですが(^_^.)

そうですね。万博外周道路はすさまじい混雑になることが予想されます。万博外周道路に侵入しないバス路線があればいいと思っていますが、やはり施設からはどうしても離れてしまいますよね。

No title

>>ever.アイスマンさんへ
休日2本が平日.休日15分間隔になったらある意味便利ですし、すごい復活になりますね。
全く関係ありませんね。すいません。

No title

>>ever.アイスマンさんへ

'70年の大阪万博の時はJR茨木駅からバスがピストン運転していたと思います(随分昔の話ですね)。

当時と今では車の台数が比較になりませんから、とにかく問題は万博外周道路の渋滞ですよねぇ。

しかも、その渋滞が周辺道路のどこあたりまで波及するか・・・・・・・産業道路(府道大阪高槻京都線)への波及も十分に考えられるので、周辺の路線バスも定時運行できるかどうか不安です。

Re: No title

>>風の谷さん

大阪万博の頃はJR茨木駅からピストン輸送していたようですね。
その頃に南茨木駅が設置され、南茨木駅からも多くのバスが出ていたようです。

外周道路及び周辺の渋滞ですが、個人的には凄まじいものになると思います(^_^.)
外周道路の一番内側車線はバス優先車線にはなっていますが、定時運行は難しそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報

















万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み