記事一覧

万博公園に民間活力を積極導入へ!


大阪府 万博公園 民活積極導入へ


万博記念公園地図




大阪府は、日本万国博覧会記念公園に民間活力を積極的に取り入れる。万博記念公園駅前の南側地区や同公園外周道路沿いに、公園の魅力向上や利便性を高める民間事業者の誘致に乗り出すほか、運営体制に指定管理者制度を導入する方針だ。

事業者を誘致する駅前南側地区の隣接地は、EXPOCITYが11月19日に開業予定のほか、市立吹田サッカースタジアムが9月末に竣工する予定(2016年2月こけら落とし試合開催予定)。このため早期の事業者誘致に向けて、16年度にアイデアコンペを実施する。

また、公園外周道路沿いには、ロードサイドに適した飲食・商業・スポーツ施設などの誘致に取り組む考え。民間活力の積極導入は、日本万国博覧会記念公園活性化に向けた将来ビジョン案で打ち出した。ビジョン案では、公園の魅力を高め、国内だけでなく海外からの利用者を引き付ける公園を目指している。公園内のカフェやレストラン、売店などの施設のジャンルや配置も、今後進めるヒアリング調査の結果を踏まえて新たな施設配置と事業者誘致を進める考え。 

公園の運営体制では、指定管理者制度導入に向けて、16年度の制度設計、18年度からの指定管理者制度への移行を目指す。対象は、自然文化園、日本庭園、スポーツ施設、駐車場などで、日本庭園の景観形成や森の育成環境形成など一部は引き続き府が直接実施する。

なお、予定価格の範囲内の入札がなく不落となった太陽の塔の耐震改修工事について、府の担当者は「現在、原因分析中。発注スケジュールは全く決まっていない」と説明。ビジョン案では早期に着工し、17年度内の内部公開を目指すとしている。不落となった耐震改修工事は、議会承認案件で予定工期16カ月だった。

引用元 2015.9.17 建通新聞社
http://www.senmonshi.com/archive/02/02BDGJnRG8TAH5.asp





9月17日付の建通新聞の記事によると、万博記念公園駅南側に、公園の魅力向上や利便性を高める民間事業者の誘致に乗り出すほか、万博外周道路沿いには、ロードサイドに適した飲食・商業・スポーツ施設などの誘致に取り組む考えとのことです。




万博1 



この記事内にある‘万博記念公園駅南側‘とは赤線で囲った場所になります。現在は万博中央駐車場や万博記念ビルなどがある土地です。エキスポシティに続いて、今後万博記念公園駅南側が大きく変貌を遂げる可能性があります。




今回明らかになった次なる万博記念公園周辺の開発ですが、早ければ2016年度にもアイデアコンペを行う予定とのことです。ただ心配なことは、EXPOCITY(エキスポシティ)と市立吹田スタジアムの完成によって懸念されている万博記念公園周辺の渋滞。万博外周道路沿いに飲食・商業・スポーツ施設などを誘致するとありますが、さらなる渋滞を誘発しないかと個人的には心配しています。周辺施設のことを考えるとスポーツ施設はありだと思いますが、飲食店や商業施設はちょっと・・・。それより外周道路にそんな土地あった?





とにかく今後の万博記念公園周辺からは目が離せそうにありませんね!






EXPOCITY(エキスポシティ)の情報をいち早くお届けするために、このブログではTwitterを開設し活用しています。ぜひお気軽にフォローしてください(^.^)

>>
2015年秋開業!エキスポシティを徹底取材するブログ!アカウント<<


スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報















万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み