記事一覧

日本最大級の大型複合施設EXPOCITY(エキスポシティ)を徹底分析!

先日、三井不動産から大阪府吹田市の「エキスポランド跡地」で建設中のEXPOCITY(エキスポシティ)の詳細が発表されました。当ブログでも速報という形でご紹介はしましたが、あまりに大まかな内容だったので、今回は三井不動産の資料や、各報道機関の情報を集め集約した形で、EXPOCITY(エキスポシティ)の詳細をまとめてみました!

エキスポシティ


EXPOCITYとは
⇒大阪・吹田の「エキスポランド跡地」に誕生する、日本最大級大型複合施設で、三井不動産のフラッグシップとなる商業施設。エンターテインメントとショッピングの集積・融合により、EXPO'70開催の地に新たなコミュニティーを創り出すことで、45年前の大阪万博の熱気と賑わいを呼び覚ますような施設を目指す。 関西圏のみならず日本全国、海外からの集客も想定し、三世代にわたって楽しい時間を過ごせる大型複合施設、人々が集い交流する、世界に誇れる日本のランドマークになることを目指す。

エキスポシティ3


EXPOCITYのテーマ
「『遊ぶ・学ぶ・見つける』楽しさをひとつに!」をテーマにミュージアムやシネマコンプレックス、教育とエンターテインメントが融合したエデュテイメント施設など、8つのエンターテインメント施設が今までにない体験と感動を提供する。



EXPOCITYの特徴
⇒買い物だけではなく、遊んだり、学んだりできる施設をそろえ、さまざまな体験ができる複合商業施設。8つのエンターテインメント施設が緩やかに繋がり、ひとつの街を形成するように配慮している。施設配置はかつての大阪万博のパビリオンのように連なって配置されているのが特徴で、複合施設としては‘日本最大規模‘になる。その大きさは東京ドーム4個分、甲子園球場なら5個分に相当する。

空の広場

「空の広場を上空から見た様子」


EXPOCITYの広場の特徴
⇒施設中央の「空の広場」では、ステージイベントや噴水演出などを楽しめる、直径60mを超える屋外広場。



ーーーEXPOCITYを構成する8つのエンターテインメントについてーーー

①【NIFREL(ニフレル)
ニフレル1

NIFREL(ニフレル)】とは
⇒大阪・天保山の人気水族館「海遊館」がプロデュースする施設。水族館・動物園・美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむように、生物の進化や特性をテーマにした7つの空間を用意。生物や自然の魅力を直感的に楽しめる工夫を凝らした、今までにない新しいミュージアム。ここでしか手に入らないグッズの販売所やカフェも併設される。

ニフレルまとめ


2015年11月19日(木) OPEN



②【OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカイングリッシュビレッジ)
オオサカイングリッシュビレッジ


OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカイングリッシュビレッジ)】とは
⇒アメリカの街並みを再現した空間で、外国人と英語でコミュニケーションを取ることによって、英語を学べる体験型の英語教育施設。外国人のネイティブ講師と、アメリカの歴史や文化、祝祭、日常生活をベースにしたシチュエーション別の英語表現を学ぶことができる。

オオサカイングリッシュビレッジまとめ


アメリカの放送局「CNN」と提携した「CNN cafe」の日本1号店も出店する。

オオサカイングリッシュ3


2015年11月19日(木) OPEN



③【ポケモンEXPOジム
ポケモン


ポケモンEXPOジム】とは
⇒ポケモンが国内で初めてプロデュースする体験型「エデュテイメント」施設。「コミュニケーション」をコンセプトに、独自に開発された強化プログラムで、子どもたちのコミュニケーションスキルを育む施設。詳細は10月頃に改めて発表される。


2015年11月19日(木) OPEN



④【Orbi Osaka(オービィ大阪)
オービィ


Orbi Osaka(オービィ大阪)】とは
⇒イギリスの公共放送局「BBC」が撮影した大自然の映像「BBC Earth」(東南アジアのジャングルや南極の3D映像)に温度や匂い、風、ミストなどの演出を加えて、映像の世界を五感で楽しめる自然体験型施設。

オービィまとめ


「BBC Earth」の理念を体現したオフィシャルショップや、オービィ大阪の世界観を表現した無国籍レストラン「オリエンタルスプーン」も併設される。

オービィ3


2016年初頭 OPEN
(オフィシャルショップとオリエンタルスプーンは2015年11月19日 OPEN)



⑤【ENTERTAINMENT FIELD(エンターテイメント フィールド)
ひつじ


ENTERTAINMENT FIELD(エンターテイメント フィールド)】とは
⇒イギリス発のクレイアニメ「ひつじのショーン」をテーマとした体験型アミューズメントパーク。制作会社アードマンの監修・協力のもと、日本初の常設パークが設置される。

ひつじ1

              
ひつじ2


絵に描いた乗り物や動物が3D映像となってスクリーン内で動き出すチームラボの「チームラボお絵かきタウン」も関西初の常設施設として設置される。

ひつじ3


2015年11月19日(木) OPEN



⑥【109シネマズ大阪エキスポシティ
109.png


109シネマズ大阪エキスポシティ】とは
⇒高さは18mでビル6階建てに相当、幅は26m超の日本最大の巨大スクリーンや12.2ch次世代サウンドシステムなどを備えるシネマコンプレックス。次世代「IMAX」シアターに動く座席や風や香り、せん光、水しぶきなど15種類の特殊効果を備える。またライドシアター「4DX」を設置。「IMAX」と「4DX]が併設されるシネマコンプレックスは世界初となる。

1091 (1)


2015年11月19日(木) OPEN



⑦【ANIPO(アニポ)
アニポ


ANIPO(アニポ)】とは
⇒「動物たちがつくる移動遊園地」をテーマに、4つのアトラクションが登場する。空飛ぶ自転車に乗って空中散歩を疑似体験できるアトラクションや、水鉄砲を使って水遊びをできるアトラクション。小さな子どもが楽しめるミニ汽車などが登場する。子どもも大人も楽しめる施設になっている。

アニポ1


2015年11月19日(木) OPEN



⑧【(仮)オオサカホイール

オオサカホイール


(仮)オオサカホイール】とは
⇒日本一の高さ120m超の観覧車。シースルーのゴンドラからは大阪の街並みと夜景を一望でき、特別内装を豪華にしたVIPゴンドラも設置している。観覧車の下には、オリジナルグッズが買えるオフィシャルショップや、アルコール類も提供する「Cafe&bar」も設置される。

オオサカホイール1


2016年春 OPEN



核施設【ららぽーとEXPOCITY
ららぽーと


ららぽーとEXPOCITYの特徴
⇒全305店舗からなる三井不動産が手掛けるフラッグシップモール。施設内での体験や情報発信をテーマに、グローバルブランド
など多種多様なショップやレストランなどを集めた進化型の「ららぽーと」。47店舗が関西初出店し、36店舗が新業態で出店する。「ショッピングにもエンターテインメントを!」テーマに体験型の大型ショップも充実している。


ららぽーと1 (1)


ショッピングモール建物内部の特徴
⇒西側モールは、大阪北部‘北摂‘の丘陵をモチーフにデザインし、東側モールは、丘陵に現れた未来的な都市をイメージした内装・つくりになっている。そして中央には自然光を取り込んだ巨大な吹き抜け空間「光の広場」があなたを出迎える。

ららぽーと2


2015年11月19日(木) OPEN




以上の施設から構成される日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」。開発した三井不動産は、商業施設が利用者から選ばれる時代に、新しい商業施設作りのあり方を開拓するのにふさわしい場といい、日本最先端の商業施設開発に自信をみせた。


エキスポ概要



今回はEXPOCITY(エキスポシティ)の施設全体の概要としてまとめてみました。次回は核施設でもある進化型大型商業施設「ららぽーとEXPOCITY」を徹底分析してみたいと思います。


現在このブログ専用Twitterのフォロアーを募集中です!

>>2015年秋開業!エキスポシティを徹底取材するブログ!アカウント<<

お気軽にフォローお願いします(._.)



スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報















万博公園イベント情報


関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み