記事一覧

【門真市】(仮)ららぽーと門真が2018年開業か

少し前のニュースになりますが、門真市にあるパナソニックの大阪のAV本拠地売却を三井不動産に売却すると日本経済新聞が報じました。

ららぽーと門真


パナソニック、大阪のAV本拠地売却 三井不動産に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HO8_X10C15A2TJ2000/

パナソニックは大阪府門真市の本社にあるAV(音響・映像)機器事業の本拠地を売却することで三井不動産と基本合意した。今春にも正式契約を結ぶ。AV拠点は社内で「本社南門真地区」と呼ばれ、1970年代からカラーテレビなどの主力製品を生み出してきた。敷地面積も約16万平方メートルと大きく、売却額は数百億円規模になる見通し。三井不動産は跡地で大型商業施設「ららぽーと」を18年にも開業する。

 パナソニックにとって、本社地区で初めての大規模な不動産売却となる。南門真地区はAV機器の開発の中枢で、現在もデジタル家電の新製品開発などで約4000人の従業員が働いている。

 しかし同社はデジタル家電事業を縮小し、車載分野などへのシフトを進めている。門真は大阪市内に近い好立地で有利な条件で売却できると判断し、不動産会社などと交渉を進めてきた。南門真地区の社員は5月にも他の拠点などに移る。

 三井不動産はパナソニックから敷地を買収し、商業施設のららぽーと(店舗面積最大6万6千平方メートル)を建設する。関西では3カ所目のららぽーとになる見通し。敷地内には住宅棟も建設する計画だ。




場所は京阪・大阪モノレールの門真市駅から南に少しいったところです。中央環状線沿いにあり、車での集客がしやすい立地でもあり、鉄道でのアクセスもしやすい場所です。このあたりは北隣の駅前にイオンモール大日・南西におよそ2キロ地点にはイオンモール鶴見緑地、東側およそ3~4キロ地点には、この秋開業する(仮)イオンモール四條畷があります。イオンの牙城の真ん中にららぽーとが割り込む形になりそうです。

店舗面積は最大66,000㎡を予定しているとのこと。
ちなみに周りのイオンモールは
イオンモール四條畷* 79,000㎡
イオンモール大日** 76,000㎡
イオンモール鶴見緑地 55,000㎡

広さ的にはそれほど大きくないのかって思うかもしれませんが、イオンモール大日・四條畷は映画館などの面積も入っている為、単純比較はできません。(仮)ららぽーと門真に映画館が入居しなければ、モールとしてはかなり大規模なものになります。ららぽーとはファッション感度の高いテナントも多いので、今後の情報が待たれますね。

人気のバイト情報満載!マイナビバイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報













万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み