記事一覧

(仮)ららぽーと門真計画が再始動!?パナソニック工場跡地を三井不動産に売却。月内にも合意へ

 気になるニュースが飛び込んできました!約2年前に当ブログでもお伝えした、門真市にあるパナソニック工場の跡地を三井不動産に売却するというニュース。ついにその続報が入ってきましたのでご紹介します。



ららぽーと門真



パナソニックが大阪・門真の拠点用地を三井不動産に売却へ 月内合意、再開発「ららぽーと」有力

パナソニックが大阪府門真市に置くデジタルAV(音響・映像)機器の研究開発と営業の拠点を移転・閉鎖し、約16ヘクタールの用地を三井不動産へ売却することが18日分かった。今月中に基本合意する見通しで、売却額は200億円前後で交渉中という。三井不動産は再開発して大型商業施設を建設する方針で、「ららぽーと」ブランドが有力だ。

 売却されるのは、パナソニックが「南門真地区」と呼ぶエリア。府道大阪中央環状線に面し、京阪電鉄と大阪モノレールの門真市
駅にも近い。モノレールは平成41年に同駅から近鉄奈良線の新駅(大阪府東大阪市)まで9キロ延伸する計画もある。

「三井アウトレットパーク」と相乗効果

 交通の利便性が高いことから、三井不動産は広域からの集客が可能と判断した。同社は約2・5キロ南に「三井アウトレットパーク大阪鶴見」を展開しており、運営ノウハウの共有や相乗効果も見込める。

 パナソニックは松下電器産業時代の昭和45年から、南門真地区にグループの中核だったテレビやオーディオなどAV機器関連の本部や研究開発部門、工場を置いてきた。現在は、デジタルカメラや放送用機器などを扱う事業部門「AVCネットワークス社」などが拠点とし、約4千人が勤務している。

ただ、パナソニックは平成26年以降、家庭向けのAV機器事業を縮小してきた。今年4月には事業を再編し、AVCネットワークス社は社名を変更してBtoB(企業間取引)に特化、デジカメの開発などは別の部門に移管する。移転先は門真市内や大阪市など複数に及ぶ。

 用地をめぐっては、27年に地下水の汚染が判明し、両社の交渉が棚上げされていた。土地の売却価格は汚染への対応などにより変動する可能性がある。

出典元 http://www.sankei.com/west/news/170319/wst1703190014-n2.html



(仮)ららぽーと門真を建設!?
最初にこのニュースが報道されたのは約2年前になります。ただその後、用地をめぐって地下水の汚染が判明し、両社の交渉が一時中断したため、ららぽーとの建設は絶望的ともいわれていました。ただ、記事によると今月中にも両社とも合意する見込みで、跡地には大型商業施設「ららぽーと」が建設される見込みとのこと。



どれぐらいの規模なの?
前回の報道では、パナソニック工場跡地に三井不動産が計画している大型商業施設の店舗面積は約6,6000㎡となっていました。仮に当初の計画通りだとすれば、周辺の大型商業施設に肩を並べる規模になりそうです。


店舗名
店舗面積
(仮)ららぽーと門真約66,000㎡
ららぽーとEXPOCITY約71,000㎡
イオンモール鶴見緑地約55,000㎡
イオンモール大日約76,000㎡
イオンモール四條畷約75,000㎡



建設予定地は京阪・大阪モノレールの門真市駅から南に少しいったところで、中央環状線沿いにあり、車や鉄道でのアクセスが良好な場所になります。周囲には北隣約2キロの地点にイオンモール大日、南西におよそ2キロ地点にイオンモール鶴見緑地、東側およそ3~4キロ地点にはイオンモール四條畷があります。大型商業施設が乱立する中で、どういった存在感を出していけるかが今後の課題となりそうです。また続報が入り次第ご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

コメント

No title

EXPOCITYと同じ三井不動産に売るんですか…。あまりいい予感がしない…。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

エキスポシティ最新情報













万博公園イベント情報



関連コンテンツ

最新情報発信中!

ブログ訪問者数

プロフィール

ever.アイスマン

Author:ever.アイスマン
2015年11月19日(木)に大阪府吹田市のエキスポランド跡地に日本最大級の大型複合施設EXPOCITY/エキスポシティがオープンします。このブログでは、エキスポシティの最新情報を一早くお伝えするしています。最新の情報をどんどん発信していきます!

お気軽にお問合せ下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

外国為替証拠金取引の仕組み